このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

仮想化ソフト

レビュー:VMware Fusion 1.1

2007年11月05日 11時32分更新

文● 田中俊光

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高い仮想化技術を搭載した老舗の仮想化ソフト


VMware Fusion 【SPEC】
開発元●米ヴイエムウェア社 販売元●(株)アクト・ツー 価格●1万5800円(パッケージ版)、1万2800円(ダウンロード版) 備考●評価にはベータ版を利用した
http://www.act2.com/

対応システム●OS X 10.4.9以上 対応機種●インテルCPUを搭載したMac

【COMMENT】
64ビットやデュアルコアCPUに対応した点は評価できる。一般的な使用だけでなく、ソフトの稼働チェックなどの業務用途にも使えそうだ。


 Windows用の仮想PCソフトメーカーとして高い評価を得ている米ヴイエムウェア社が、インテルMac用に開発したのが「VMware Fusion 1.1」だ。

 DirectX 8.1の3Dグラフィックのアクセラレーションをサポートしており、FFベンチも問題なく動作する。

VMware Fusion 「VMware Fusion」ではFFベンチが動作する。ライセンス規約により数値は公表できないが、体感的には競合ソフトである「Parallels Desktop for Mac 3.0」とほぼ同等の速度だった

また、DirectX 9にも部分的に対応しているものの、残念ながらWindows Vistaの新インターフェース「Aero」は使えない。

 Windowsのデスクトップ表示を省くことで、Macのデスクトップ上にWindowsのソフトを開く「ユニティ」モードでは、両OSのソフトをほぼ同等に扱える。

VMware Fusion
「表示」メニューの「ユニティ」を選択すれば、OSを気にすることなくMacとWindowsのソフトを併用できる

起動中のWindowsソフトをDockやFinderに登録できるため、両方のソフトをデスクトップ上で自由に混在させて使用できる。ユニティモードに設定すると「スタート」メニューは使えなくなるが、ソフトの起動は専用ランチャーもしくは「アプリケーション」メニューから実行すればいい。

VMware Fusion
起動したいアプリケーションが見つからないときは、専用ランチャーの検索窓に名前を入力して探すと便利だ

 「スナップショット」機能を新たにサポートしており、過去の状態を1つだけ保存可能。

VMware Fusion 新しいスナップショットを作成すると、既存の記録が失われるという注意書きが表示される。1つしか記録できないので、スナップショットは慎重に作成しよう

次のスナップショットを作成すると上書きされてしまうので、使用する際は注意が必要だ。また、Boot CampパーティションにインストールしたWindowsを仮想マシンで起動している場合、スナップショットは使えない。

 副次的なメリットだが、VMwareでは英語版と日本語版を同一のシリアル番号で利用できる。不具合の解消や新機能の追加が日本語版よりひと足早い英語版を試用できるのはありがたい。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中