このページの本文へ

エアリアからIDEドライブをUSB2.0/IEEE1394変換する基板「迅龍複合」登場!

2007年10月30日 22時45分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エアリアからIDE接続の3.5インチハードディスクや5インチ光学ドライブをUSB2.0/IEEE1394接続に変換する基板「迅龍複合」(型番:SD-IDFWU2-W1)が登場した。

「迅龍複合」(型番:SD-IDFWU2-W1) IDE接続の3.5インチハードディスクや5インチ光学ドライブをUSB2.0/IEEE1394接続に変換するエアリア製基板「迅龍複合」(型番:SD-IDFWU2-W1)

 基板上にはIEEE1394aポートが2つとUSB2.0ポートが1つ、基板への電力供給用に4ピン電源コネクタが搭載される。
 また、2ポートのIEEE1394a端子はIEEE1394aポートを持つ機器を複数台、数珠繋ぎで接続することができるデイジーチェーン接続に対応する。なお、「迅龍複合」の読み方は「シェンロンフクゴウ」とのこと。

基板(表) 基板(裏) 付属品
基板上にはIEEE1394aポートが2つとUSB2.0ポートがひとつ、基板への電力供給用に4ピン電源コネクタ、IDEポートがひとつ搭載される

 主な仕様は、本体サイズが42(W)×62(D)×35(H)mm(コネクタ部分を含む)、コントローラチップはProlific製「PL3507」、対応OSがWindows 2000/XP/Vista。価格はクレバリー1号店で2934円、パソコンハウス東映とテクノハウス東映、T-ZONE.PC DIY SHOPで2980円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中