このページの本文へ

「男が三者面談した時...。」? エアリアからS-ATA⇔IDE変換アダプタ登場

2007年10月17日 22時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エアリアからSerial ATA HDD×2→IDE変換アダプタ「男が三者面談した時...。」(型番:W-IDE2SATA)が発売された。

W-IDE2SATA 相変わらず少々意味不明なエアリアの「男の~」シリーズ。今回はSerial ATA HDD×2→IDE変換アダプタ「男が三者面談した時...。」(型番:W-IDE2SATA)

 毎度、少々意味不明な「男の~」で知られる同社の変換シリーズだが、今回もネーミングの理由はよく分からない「男が三者面談した時...。」。おそらく、2(Serial ATA HDD)vs1(IDE)で三者面談ということなのだろう。製品には電源ケーブルが付属。価格はパソコンハウス東映で2470円。製品ラベルにはスポット参入品/特別プライスという記載もある。

製品
製品構造は単純。Serial ATA HDD×2→IDE変換アダプタで電源ケーブルが付属が付属する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中