このページの本文へ

今週はヒーロー関連アイテムが豊作! 懐かしの怪獣フィギュアも大きくなって帰ってきた!

2007年10月17日 23時00分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「スパイダーマン」に6種類のアイテム!

 多彩なパッケージでソニー・ピクチャーズより発売になったのが「スパイダーマン3」。なんと6種類のアイテムが発売になっている。中でも目立っているのは、フィギュアが付いているコンプリートBOXとコレクターズBOXだ。コンプリートBOXは、まさにスパイダーマンのすべてが詰まったBOX。1、2、3と3作が楽しめるのに加えて、SIDESHOW製の胸像タイプのブラックスパイダーマンとスパイダーマンの2種類のフィギュアが付いている。
 コレクターズBOXは、3のDVDにバンダイのソフビ魂からブラックスパイダーマンとスパイダーマンのソフビフィギュアが付属。また、メディアもDVD以外にブルーレイディスクやUMDという選択肢があるのもポイントだ。

フィギュアが入ったパッケージは、どちらもサイズが大きい。またコンプリートBOXは値段も他のアイテムと比べてワンランク上だ

「仮面ライダー THE NEXT」の主題歌は
プロモビデオ付き

 そのほか特撮系では、映画「仮面ライダー THE NEXT」の主題歌でISSAさんが歌う「CHOSEN SOLDIER」も並んでいた。裏面は映画の宣伝満載で、「2007.10.27 ROADSHOW」と日程が大きく書かれているだけでなく、映画のカットも6枚並んでいるなど、DVD風の作り。これは初回受注限定生産版で、DVDには「仮面ライダー THE NEXT」のプロモーションビデオが収録されている。それ以外にも、DVDが付属しない通常版も用意されているのだが、店頭で見かけたのは限定版のみだった。店頭での販売価格は1890円だ。

アウトローっぽい雰囲気も感じるジャケット。裏面は「仮面ライダー THE NEXT」の写真満載だ

 また6月に発売になった「Lia/LIA COLLECTION ALBUM」が単品となって登場しており、9月19日のVol.1「Diamond Days」の発売に続いて、今回Vol.2「Crystal Voice」、「SPECTRUM RAYS」の2アイテムが登場した。これで、「Special Limited BOX」に収録されていた全てのCDが発売になったことになり、BOXを購入できなかった人もひと安心だろう。今回の単品版でも、PC流通系と音楽流通系の2種類がありジャケットも異なる。店頭での販売価格は、Vol.2「Crystal Voice」が3150円、「SPECTRUM RAYS」が2625円だ。

今回撮影したのは、どちらも音楽流通版だ。こちらは「SPECTRUM RAYS」
Crystal Voice 表 Crystal Voice 裏
こちらが「Crystal Voice」で2枚組となっている

1967年の「ギララ」が
大きくなって帰ってきた

 プラモデルでは、先日サンプルを紹介したコトブキヤの「天元突破グレンラガン」の「ガンメン」、「ダヤッカイザー」と「キングキタン」が店頭に並び始めた。店頭での販売価格は800円程度。ショップによっては、特典としてグレン団シールもプレゼントしていた。
 またコトブキヤでは、アーマード・コアの「インテリオルユニオンY01-TELLUS」も発売になっており、こちらの店頭での販売価格は3800円程度となっていた。

「ダヤッカイザー」と「キングキタン」
前回サンプルを撮影したので、今回は製品版のBOXのみの「ダヤッカイザー」と「キングキタン」。上にあるのが、購入者にプレゼントしている「グレン団シール」だ
「インテリオルユニオンY01-TELLUS」
コトブキヤお馴染みのアーマード・コアプラモデルシリーズ最新作「インテリオルユニオンY01-TELLUS」。箱のずっしりとした重さがポップでも強調されていた

 変わりダネがアソビットキャラシティでサンプル展示が始まった。マルサンの「クラッシック・ギララ・ジャイアント」だ。これは、同社が1967年に販売した「ギララ」を大きくした製品。この昔のギララは、ショップスタッフによると「今ではプレミア価格がつき数十万円で取引されているアイテム」とのこと。今回発売になる「クラッシック・ギララ・ジャイアント」は、そんな高額アイテムではなくメーカー希望小売価格は1万4700円となっている。なお、このギララはアソビットキャラシティのポップによると、1967年に上映された「宇宙大怪獣ギララ」に登場した怪獣だそうだ。

ギララ ギララ ポップ
筆者も全く知らない映画「宇宙大怪獣ギララ」の登場キャラだ。プレミアトイをオリジナルのメーカーが新たに販売する新作ということで、ファンにはたまらない一品だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ