このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

BD2層&MPEG-4 AVC記録対応に

【詳報】ソニー、Blu-ray Disc レコーダー4機種を発表

2007年09月12日 21時01分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は12日、東京・品川で特約店向け製品内覧会“ソニー ディーラーコンベンション 2007”を開催し、その中でBlu-ray Discレコーダー『BDZ-X90』『BDZ-L70』『BDZ-T70/T50』の計4機種を発表した(関連記事)。価格はオープンプライスで、11月8日に発売する。

今回の新機種は、大きく5つの新機能が備わっている。まずひとつは、全機種ともMPEG-4 AVCエンコーダーを搭載し、片面2層50GBのメディアに最高画質で約6時間半(MPEG-4 AVC 15Mbps)、長時間モードで約16時間(MPEG-4 AVC 6Mbps)のハイビジョン番組を記録できる。ちなみに従来機種『BDZ-V9』の場合、片面2層メディアへの記録は行なえず、映像記録形式もMPEG-2だったため、1枚のBDメディアに対して3時間しか記録が行なえなかった。

前面のパネルを開けると操作部が現れる
前面のパネルを開けると操作部が現れる
前面下方の蓋を開けたところ
前面下方の蓋を開けたところ

2つめは、4倍速書き込みが可能な新型Blu-ray Disc ドライブの採用により、1時間のハイビジョン番組を約3分でBDメディアにダビングできるようになったことだ。なお、4倍速の書き込みは対応メディアにのみ行なえる(メディアも同時に発表された)。

今回採用された新デバイス。左上が4倍速のBDドライブ
今回採用された新デバイス。左上が4倍速のBDドライブ
ソニーから発売される予定の4倍速記録対応BDメディア。4倍速は1層のBD-Rのみで、想定実売価格は5枚パックで7100円前後、10枚パックで1万3300円前後。カラーバリエーションメディアは11月8日に、プリンタブルタイプは来年2月に発売の予定

3つめは、映像・音声品質の強化。毎秒24コマで収録された映像をそのままテレビに出力する“24p True Cinema”機能の搭載や、HDMIからHDオーディオの音声出力が可能になっている。

4つめは、同社ビデオカメラ“ハイビジョンハンディカム”で撮影した“AVCHD”形式の映像を、内蔵HDDに取り込むことが可能になった。本体でカット編集などを行なった後、BDに書き出すことも可能となっている。

ブラビアの“おき楽リモコン”(手前)で操作ができる
ブラビアの“おき楽リモコン”(手前)で操作ができる

5つめは、同社液晶テレビ“ブラビア”のHDMIコントロール機能である“ブラビアリンク”(関連記事)に対応し、ブラビアのリモコンで再生操作などが行なえるようになったことだ。また、ブラビアで静止画表示の際に、写真画質に適した“フォトモード”で表示する“ブラビア プレミアムフォト”に対応。今回発表のレコーダーで静止画を表示する場合にも、フォトモードが自動的に適用される。

そのほか、デジタル放送を見ている時や録画した番組の再生中に、その番組の番組表から出演者やトピックなどのキーワードを抜き出して表示する“気になる検索”機能を新たに搭載。ウェブサイトのハイパーリンクのように、メニューに表示された出演者やトピックスを選択していくことで、その事項に関連する番組を検索し、録画予約まで行なえる。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン