このページの本文へ

「Athlon 64 3000+」搭載済みのお買得Socket 754対応マザーがECSから発売に!

2007年09月06日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから「Athlon 64 3000+」を搭載済みのSocket 754対応マザーボード「GS7610 ULTRA」が発売された。販売価格は約9000円で、セカンドPC用にはちょうど良いセットモデルといえそうだ。

「GS7610 ULTRA」 「GS7610 ULTRA」基板
「Athlon 64 3000+」を搭載済みのSocket 754対応マザーボード「GS7610 ULTRA」がECSから発売

 CPUとマザーボードがセットになった製品といえば、先日ASRockからメーカー選別のOC版CPUが搭載済みの「2Core1333-2.66G」が発売されたのが記憶に新しいところ。今回発売された「GS7610 ULTRA」はそのAMD版と言いたい所だが、スペック的には一昔前のSocket 754モデル。CPUがセットになったお買得モデルということになる。搭載されているCPUは「Athlon 64 3000+」。クロック周波数2.0GHz、L2キャッシュ512KBの製品と思われる。なお、同製品も「2Core1333-2.66G」と同じようにCPUには封印シールのようなものが貼られており、販売ショップのひとつT-ZONE.PC DIY SHOPによると「保証を受ける際はCPUとマザーセットが条件」としている。

「Athlon 64 3000+」 製品ラベル
パッケージには特別CPUオンボードをうたった記述はなく、型番シールにその旨が小さく記載されているのみ。なお搭載されているCPUは「Athlon 64 3000+」。クロック周波数2.0GHz、L2キャッシュ512KBの製品と思われる。OPNは“ADA3000AKK4BX”

 一方、マザーボード本体の仕様は、チップセットが“SiS761GX”+“SiS965L”でフォームファクタはmicroATX。拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI×2、CNR×1、DDR DIMM×2(DDR-400/333/266、2GBまで)。オンボードインターフェイスにはVGAや6chサウンド、100/10Base-TXイーサネット、Serial ATA×2、IDE×2などを搭載する。
 価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで8580円、ツクモパソコン本店IIで8980円。余っているDDRメモリやIDE対応のHDDを使って安価にPCを作ろうと考えているユーザーにとっては、選択肢のひとつとして「GS7610 ULTRA」の購入を考えてもいいかもしれない。

I/O部 ポップ
CPUがセットと考えればお買い得感は高い。余っているDDRメモリやIDE対応のHDDを使って安価にPCを作ろうと考えているユーザーにとっては、選択肢のひとつとして十分アリかもしれない

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中