このページの本文へ

初のインテル“G31”搭載マザーがECSからデビュー!microATX対応で1万円割れ!

2007年08月23日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル製のVGA統合型チップセット“G31”を搭載した初のLGA 775対応マザーボード「G31T-M (V1.0)」がECSから発売された。microATXフォームファクタのシンプルな製品で1万円を切っての登場だ。

「G31T-M (V1.0)」 「G31T-M (V1.0)」
インテル製のVGA統合型チップセット“G31”を搭載した初のLGA 775対応マザーボード「G31T-M (V1.0)」がECSから発売。“G31”はDirectX 9世代の“GMA3100”を統合したチップセットでFSBは1066MHz、メモリはDDR2、PCI Express x16×1などをサポートする

 “G31”は全部で7モデル(X38/P35/G35/G33/G31/Q35/Q31)ラインナップする“Intel 3シリーズ”の中でバリュー向けとされるDirectX 9世代の“GMA3100”を統合したチップセット。主な特徴はFSBが1066MHz、メモリはDDR2、PCI Express x16×1などをサポートする点だ。FSB1333MHzやDDR3メモリに対応する同じくVGA統合型のチップセット“G33”の下位モデルということになる。
 また、組み合わされるSouth bridgeは“ICH7”もしくは“ICH7DH”。こちらも“ICH9”系South bridgeと組み合わされる“G33”と大きな違いと言えるだろう。

「G31T-M (V1.0)」基板 South bridge
microATXフォームファクタのシンプルな製品となっている「G31T-M (V1.0)」。同マザーのマニュアルおよびウェブサイトによるとFSB1333MHzまで対応するという記述が確認できた組み合わされるSouth bridgeは“ICH7”。“ICH9”系South bridgeと組み合わされる“G33”と大きな違いと言える

 さて“G31”搭載モデル第1弾となった「G31T-M (V1.0)」の主なスペックだが、冒頭でも触れたようにmicroATXフォームファクタのシンプルな製品となっている。South bridgeは“ICH7”を採用。拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2で、メモリはDDR2 DIMM×2(DDR2-800/667、4GBまで)。VGAや6chサウンド(Realtek/ALC662)、100/10Base-TXイーサネット(Realtek/RTL8101E)、Serial ATA II×4、IDE×2などをオンボードで搭載している。
 また、先ほどチップセットの公式スペックとして対応FSBは1066MHzまでと記載したが、同マザーのマニュアルおよびウェブサイトによるとFSB1333MHzまで対応するという記述が確認できた。今日から販売しているのはドスパラ秋葉原本店で、価格は9680円。「なるべく最新のインテル製チップセットを使って、かつ安価にWindows Vistaが動作するマシンを組みたい」という一般的なニーズに答えてくれそうなチップセットとして、今後も他社から複数のモデルが発売されることだろう。

I/O部 ポップ
I/O部の構成も実にシンプル。VGAや6chサウンド、100/10Base-TXイーサネットなどを備えている今日から販売しているのはドスパラ秋葉原本店で、価格は9680円。安価にVista動作のPCが組みたいがチップセットはインテルに拘りたいというユーザーには有力な製品となりそうだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中