このページの本文へ

【速報】キヤノン、ハイアマ向けデジタル一眼レフカメラ『EOS 40D』とフラグシップ『EOS-1Ds Mark III』を発表

2007年08月20日 14時40分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノン(株)は20日、スポーツ/報道カメラマン向けのフラグシップモデルの一眼レフカメラ『EOS-1Ds Mark III』と、エントリーユーザーからハイアマチュア向けの一眼レフカメラ『EOS 40D』を発売すると発表した。EOS-1Ds Mark IIIが11月下旬、EOS 40Dが今月31日に発売する。価格はともにオープンプライス。EOS-1Ds Mark IIIはボディーのみの販売だが、EOS 40Dはボディー単体のほかにレンズキットモデルの販売も予定している。

EOS-1Ds Mark III EOS-1Ds Mark III

EOS-1Ds Mark IIIは画像処理エンジン“DIGIC III”を2個搭載することで、『EOS-1Ds Mark II』に比べて約4倍の画像処理能力を実現しているという。35mmフルサイズ(36×24mm)で有効約2110万画素の自社製CMOSセンサーを採用し、最大記録解像度は5616×3744画素。ISO感度は100~1600に対応し、カスタム機能によりISO 50やISO 3200相当に設定することも可能。9種類のホワイトバランスモードのほかに、ユーザーが設定したホワイトバランスを5件まで登録できる。3.0インチのTFTカラー液晶ディスプレー(約23万画素)を搭載しており、液晶ディスプレーにファインダーから見た映像を表示しながら撮影できる“ライブビュー撮影機能”を搭載している。本体サイズは幅156×奥行き79.9×高さ156.6mm、重量は約1210g。

EOS 40D EOS 40D

EOS 40Dは有効約1010万画素(総約1050万画素)の自社製CMOSセンサーを採用する。最大記録解像度は3888×2592画素。ISO感度は100~1600。映像エンジンにはEOS-1Ds Mark IIIと同様の映像エンジンDIGIC IIIを1個搭載する。EOS-1Ds Mark IIIと同様の液晶ディスプレーを搭載しており、ライブビュー撮影機能にも対応している。本体サイズは幅145.5×奥行き73.5×高さ107.8mm、重量は約740g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン