このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【ケータイ機能一本釣り】

2代目ウォークマンケータイの進化を検証! 『W52S』

2007年07月24日 22時52分更新

文● ヤシマノブユキ、撮影●高野裕靖

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

W52S

W52S
KDDI(株)/ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)製
オープンプライス
(新規契約での実売価格:2万3000円前後)

『W52S』は、“ウォークマンケータイ”の2代目となるCDMA 1X WIN端末だ。初代の『W42S』に比べてひとまわり大きく、重さも増えているが、そのぶんディスプレーサイズや画面解像度、カメラ性能や連続待受/連続通話時間など基本機能はしっかり向上している。ワンセグとデジタルラジオを除く、auのほぼすべてのサービスに対応し、Bluetoothがない点を除けばハイエンド端末と言えるだろう。

W52Sで気になるのはやはり音楽機能だ。一体どこがどのように進化したのか? 今回はこのキモとなる音楽機能の成長ぶりをお伝えしたい。

初めにW52Sの進化のポイントをまとめておこう。

  • 音楽操作専用の“ミュージックキー”がどんな場面でも利くようになった
  • 本体内蔵のメモリー容量が従来の2倍の2GBになった
  • メモリースティックマイクロに加え、microSDカードも使えるようになった
  • 従来は本体メモリーに保存できなかったATRAC形式の曲データを本体メモリーにも保存できるようになった
  • 音楽の連続再生時間が延び、従来の約4倍の110時間になった
  • FMトランスミッターを内蔵し、音声をカーステレオなどに飛ばして聞けるようになった
トランスミッター 出力先
FMトランスミッターの周波数設定は“メニュー→ミュージックメニュー→FMトランスミッター設定”で行なう出力先を手動で切り替える場合は、au Music Playerの“設定→音出力先設定”で“FMトランスミッター”を選択するのが普通のやり方。au Music Playerの再生画面かビジュアライザー画面で“8”キーを押すとワンタッチで切り替えられる

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン