このページの本文へ

【au 2007年夏モデル発表会レポート】

自分のライフスタイルに合った、自分が主役になれるケータイ

2007年05月22日 16時43分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

au発表会

速報記事でお伝えしたとおり、KDDI(株)は22日、2007年夏モデル15機種および新サービスを発表した(関連記事)。ここでは発表会の様子についてお伝えする。会場後方には発表された端末の体験コーナーが設置されており、そちらについても後ほどお伝えする予定だ。

発表会には、コンシューマ事業統轄本部長の高橋 誠氏らが出席し、2007年夏モデルの概要と新サービスに関する説明を行なった。

高橋氏 コンシューマ事業統轄本部長の高橋 誠氏

これからのauは“自分が主役”

ライフスタイル これからのauは自分のライフスタイルに合う端末を提案していく

高橋氏は、今回の端末ラインナップとサービスについて「いままでのauの携帯電話サービスは、新しい機能・サービスを提供して、それらによる“ワクワク感”といったものを演出していたが、これからは、端末がユーザーのライフスタイルに合うものへと寄っていくことで、個人のこだわりが演出でき、自分のライフスタイルを豊かにするものへしていく」と説明した。

また、コンセプトを“ワンセグ”“ブランドコラボケータイ”“サービス”と大きく3つに分け、それぞれのライフスタイルに合う端末を提案しているという。

3つの柱 夏モデルでは“ワンセグ”“ブランドコラボ”“サービス”を大きな柱に

ワンセグでは、防水機能を備え、入浴中でもワンセグが見られる“ウォータープルーフ・ワンセグ”2機種(W53SA/W52CA)、持ち運び時に邪魔にならない“スリムワンセグ”3機種(W52SH/W53T/W53SA)、豊富な機能でワンセグをしっかりと使いこなせる“ハイパフォーマンス・ワンセグ”2機種(W54T/W52H)の計7機種をラインナップ。ワンセグひとつにしても、使い方に合わせて端末を選べるようになっている。

ワンセグ 防水ワンセグには『W53SA』『W52CA』。スリムワンセグには『W52SH』『W53T』『W52SA』。高機能ワンセグには『W54T』『W52H』

ブランドコラボケータイでは、ソニー(株)の携帯音楽プレーヤー“WALKMAN”(ウォークマン)とコラボレーションした『ウォークマン ケータイ W52S』(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)製)と、カシオ計算機(株)のデジタルカメラ“EXILIM”(エクシリム)とコラボした『EXILIMケータイ W53CA』(カシオ計算機製)の2機種をラインナップ。

W52S W53CA
ウォークマンに携帯電話機能が付いた『ウォークマンケータイ W52S』EXILIMに携帯電話機能が付いた『EXILIMケータイ W53CA』

従来の“音楽が聴ける携帯電話機”、“デジカメがついた携帯電話機”といった、携帯電話機にそれらの機能を付加したというモデルではなく、音楽プレーヤーとデジカメに携帯電話機の機能をそれぞれ搭載したという、いわば従来とは逆転した発想で生まれたモデルといえる。

スリム CDMA 1X
スリムケータイとしては『W52P』(パナソニック・モバイルコミュニケーションズ(株)製)、『W53S』(ソニーエリクソン製)、『W44K II』(京セラ(株)製)の3機種をラインナップCDMA 1X端末としては『A5526K』(京セラ製)、『A5527SA』(三洋電機(株)製)、『A5528K』(京セラ製)をラインナップ

音楽とワンセグだけじゃなく、GPSでもau

GPS au端末の86%が搭載するGPSをさらに進化させている

サービスでは、“auといえば音楽とワンセグ”に続く第3弾として“GPS”を強く推進する。エリア圏外でも利用可能な“Standalone GPS”(スタンドアローン ジーピーエス)を11機種に搭載し、新たに開発した“地図ビューアー”と組み合わせることで、災害時など、回線を利用できない状態でも“災害時ナビ”としてGPSと地図サービスが利用できるようになる。

災害時ナビは、夏モデル新製品では『W53CA』『A5527SA』『W44K II』『W52Pを除く11機種で利用可能(Standalone GPS搭載モデルに準ずる)。プリセットデータとして、日本全国の広域避難所などを収録した“避難所マップ”を収録。有料ダウンロードサービスとしては、任意に指定した2地点間のルート付きマップを作成する“帰宅支援マップ”を用意する。

災害時ナビ 地図
Standalone GPSで電波が届かない地域でも地図が利用できる有料コンテンツとして、自宅への帰宅ルート検索もできるように

また、スポーツ用品メーカー アディダス ジャパン(株)とのコラボにより、目標距離を設置し、走行距離と日時を記録できるジョギング/ランニング支援サービスなども用意する。

アディダスとのコラボ企画

そのほか、非接触型ICカード技術“FeliCa 2.0”のアドホック通信機能を利用した“Touch Message”(タッチ メッセージ)や、メール開封前に送信者の気持ちをビジュアルで表現できる“ラッピングメール”なども開始する。

Touch Message ラッピングメール
端末のFeliCaマーク同士をかざすとメッセージの交換ができる“Touch Message”送信メールにアニメーションマークを表示できる“ラッピングメール”

42のファッションブランド・ショップとのコラボ企画も進行中

ファッションコラボサイト“mobile Fashion”を開設

同社は、今回の発表と同時にファッションブランド・ショップとauのコラボサイト“mobile fashion”(http://mobilefashion.jp/)を開設した。人気ブランドとコラボレーションすることで、auへの間口をさまざまな方面へと広げていくのが目的だという。発表会では、ファッションブランド“IENA”(イエナ)と『W53CA』とのコラボ、同“HAKKIN.it”(ハッキン・ドット・アイティー)と『W52P』とのコラボなどが紹介された。

コラボ 全42ブランドとのコラボ企画が進行中

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン