このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第180回

ドラクエ11の「ふっかつのじゅもん」が面白そう

2017年04月12日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スクウェア・エニックスは4月11日、ドラゴンクエストシリーズ最新作である「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」(ドラクエ11)を7月29日に発売すると発表。対応機種はPlayStation 4/ニンテンドー3DSの2機種です。

 価格はPS4版が8980円(税抜)、3DS版が5980円(税抜)。おもしろいのは、1万4960円(税抜)のダブルパックがあること。さらには過去作の「復活の呪文」が使用できることが明かされているのです。

 復活の呪文といえば、「冒険の書」が導入される以前のファミコン版「ドラゴンクエスト」「ドラゴンクエスト2」で採用されていたパスワードによるコンティニュー方式。当時はひらがなで「ふっかつのじゅもん」でしたので、この表記の方がなじみのある人が多いかも。

 ただ、2017年の今日においては、手間がかかるだけのセーブ方法のはず。それを今、なぜ追加するのでしょうか。

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!