• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

イベントレポート

注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024March

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

メガモンのこころ集めが急務に

息抜きも大事だよね!『DQM3』世界のスカウトレベル上げスタート【『DQウォーク』プレイ日記#70】

2023年12月08日 11時00分更新

文● Zenon/ASCII

先日の「詫び補助券」で念願のゴールデンクレイモアが当たりました。ありがとうございます!あぁ、これでほこら攻略が楽になる……

 スクウェア・エニックスが運営中のスマホ向け位置情報ゲーム『ドラゴンクエストウォーク』(以下、DQウォーク)を題材としたプレイ日記を、毎週金曜日に継続してお届けする連載企画第70回。

 今回は、2023年11月24日より開催中の「DQモンスターズ25周年コラボイベント」の進捗などをお届けしよう。イベント全体の開催期間は、2024年1月18日14時59分までとなる。

ギリギリの戦いは続く……ゴルスラが少々ピンチ!

 今回のイベントは、とにかく「スカウトレベル」を毎週上げるのが厳しめの難易度になっている。1週目はイベント更新日までにレベルMAXまで上げ切れず、2週目は対策を取った上でガチめの散歩をして、ようやく更新日前日にレベルMAXへ到達できた。

2週目のスカウトレベルMAXの図。ただし、イベント限定こころの集まりが不十分なので、まだ安心はできない

 スカウトレベルを上げるためのスカウトポイントについても、一部調整が入ったとはいえ正直まだ厳しいと思う。3週目の『ドラゴンクエストモンスターズ3 魔族の王子とエルフの旅』(以下、DQM3)世界や、4週目の世界ではさらなる調整が入ったりしないだろうか……?(チラッ

【スカウトポイントの獲得方法(記事執筆時点)】

メガモンスター:500
ほこら:250
標的モンスター:100
強敵:75
回復スポット:20→30
フィールドモンスター:6→8(1体ごとに計算)
※赤字はアップデートで調整された値

 スカウトレベル上げで筆者が気を付けていることは以下の通り。少しでも参考になれば幸いだ。

・標的モンスターを一撃で倒せる専用パーティーを作る
(筆者は「くさなぎのけん」を装備させた魔剣士が一番早く行動するよう調整)
・ウォークモードの「モンスターとバトルする」と助っ人をオフにする
・標的>強敵>回復スポットの優先順位でタップしながら歩く
・ニンジャのウォーカーズスキル「五感澄明」を積極的に使う
・ほこらの攻略は基本的に家で。レベル30&メタルのみ、その場でやってもOK
・家の付近で寄せられそうな回復スポット、標的がいれば寄せておく
・メガモンスター&ほこらは、手形&ルーラPと相談

3週目の標的モンスター「メガトン(オーガー)」も「くさなぎのけん」の一撃で討伐可能。新装備の「魔力の宝剣」には必中効果があるうえ、全体スキルの演出が短いのでより使えるかもしれない

 上記のポイントを気にかけつつ、毎日1~2時間ほど散歩するとギリギリ間に合うペースだった。

 あとは家にいる間、可能な限り「においぶくろ」を使ってフィールドモンスターの討伐数を稼げれば、より早くスカウトレベルを上げられるだろう。

 また、来週には新たなメガモンスター「魔王オムド・レクス」なる存在が現れる。筆者は初めて見る顔だが、『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』が初出のモンスターらしい。

スマートウォークより。弱点と耐性の属性を逆転させるなど、なんかすごく…厄介なにおいがする!

今週から登場の新装備「魔力の宝剣」が接待武器だとすれば、バギ属性とヒャド属性のどちらかが弱点と耐性で、スキルで逆転したらもう片方で攻撃するのがベスト……ということ?

 それにともない、現在出現中のメガモン「ゴールデンスライム」の出現枠が減ると思われる。今週は昼11時~14時の回が追加されているので、忘れず討伐しておこう。

ゴールデンスライムの出現スケジュール。1日3回チャンスがあるこの1週間が勝負だ

筆者のこころの獲得状況。SへのグレードアップにはAが5個必要なので、まだまだ戦わねば

「じげんりゅう」の覚醒も12月14日に控えているので、それまでには何とかSこころを確保したい……!

 また、ログインボーナスで『DQM3』に出てくるロザリーの見た目装備がもらえる。初日に頭装備が、5日目に服が手に入るのでお見逃しなく。

ロザリーの頭装備と、以前のコラボレーションでもらえた「導かれし勇者の服」を装備させてみる

あるいは彼女のイメージカラーは緑なので、それっぽい装備を合わせてみる。こうして見た目装備で遊ぶのも、本作の楽しみ方の1つだ

本記事トップ画像のロザリーバージョン。い、勇ましい……!

 ちなみに筆者も『DQM3』をプレイしているが、配合が楽しくてなかなかストーリーが進まない。そのせいでDQウォークの進捗がやや遅れ気味だが、これも息抜きと考えてどちらも目いっぱい楽しんでいきたいと思う。うん、しょうがないよねっ!

 また、今週『DQウォーク』に追加された強敵「心眼たぬき」は『DQM3』からの新モンスターなのだろうか? まだ『DQM3』では出会ってないので、見つけたら本作のキャラ付けを思い出しつつ仲間に入れてみようかと考え中。

『DQウォーク』に登場した心眼たぬき。本作でボイスは付いていないが、何となく「CV:大塚明夫さん」で脳内再生された。渋いキャラだぜ……!

今週のお宝の地図

 今週、筆者が生成したお宝の地図を公開。さて今回の結果はどうかな?

「ハロウィンドラキー」はありがたい。「シールドオーガ」のスカウトは需要あるのだろうか

ご当地モンスター「とげこんぼう」が売り!「ナイトリッチ」「ローズバトラー」も過去イベントのモンスターなので、やや需要がありそう

 

【ゲーム情報】

タイトル:ドラゴンクエストウォーク
ジャンル:位置情報RPG
プラットフォーム:iOS/Android
配信日:配信中(2019年9月12日)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金型)

<制作スタッフ>
ゼネラルディレクター:堀井雄二氏
キャラクターデザイン:鳥山明氏
音楽:すぎやまこういち氏
開発:コロプラ
企画・制作:スクウェア・エニックス

※画面は開発中のものです。
※開催期間や内容は予告なく変更することがあります。
※詳細はゲーム内お知らせをご確認ください。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
※『ドラゴンクエストウォーク』は安全に遊んでいただくための機能「ウォークモード」を搭載しております。「ウォークモード」に 設定することでスマートフォンの画面を操作しなくても、周囲のモンスターと自動的にオートバトルが実行されます。また、モンスターとのバトル以外にも、近づいたかいふくスポットにも自動で触れるため、HPやMPの回復も自動的に行なわれます。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう

この連載の記事