前へ 1 2 3 4 5 次へ

JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSをレビュー

12万円切りで最安級! 5120×1440ドットの49型超ウルトラワイド曲面ディスプレーがすんごい

文●宮崎真一 編集●ジサトライッペイ/ASCII

提供: 株式会社JAPANNEXT

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲームでも仕事でも超ウルトラワイドは有能

 JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSで、筆者が普段からプレイしているMMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ」を遊んでみた。フルスクリーンでは無理だったが、仮想フルスクリーンにすることで見事5120×1440ドットで表示できた。

 すさまじい迫力で没入感はかなり高い。しかも、同ゲームはワイドディスプレーを用いることで視野角が広がるのだが、高難易度コンテンツにおけるギミックがより見やすくなった。ただし、チャット欄などのHUDは画面端に配置され、少々見づらかった。フルスクリーンで遊ぶ場合は、HUDの配置見直したほうがいいだろう。

 また、ビジネス用途でも横長野画面は使い勝手がいい。例えば、ExcelのセルはA~BRまで1画面で表示できるので、一覧したい時でも非常に頼りになる。

Excelをフルスクリーンで表示すると、A~BRまでのセルが1つの画面に収まった

 ちなみに、机の上に置いて正対した位置に座ってみると、横長なせいか曲面特有の違和感はほとんどなかった。右側にウェブサイトを表示させ、左側ではWordで執筆といった使い方が便利だった。仕事の生産性が向上することは、言うまでもないだろう。

ウェブサイトであれば3ページぶんを同時表示してもこれだけ余裕がある。複数のページを見比べる時に便利だろう

まとめ:「ながら作業」も捗る圧倒的に安価な49型超ウルトラワイド

 Dual WQHDディスプレー市場は、他社製品だと安いモデルでも13万円以上する。それと比べると、JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSは直販価格で11万9800円、Amazonでは11万円切りと圧倒的にリーズナブルだ。それでいて、USB PDやKVMといったトレンド機能も備え、実際に触ってもこれといった弱点は見当たらなかった。

 32:9の「超ウルトラワイド」はまだまだ市場に製品が少ないため、さほど普及はしていないジャンルだ。しかし、16:9の液晶ディスプレーを2台並べて使うよりも、省スペースかつ省電力でスマートに運用できるので、本機のような価格破壊モデルがどんどん登場すれば、いずれ人気が出てくるだろう。

 PBP機能を使えば、「ながら作業」も捗るはず。例えば、プライベートのデスクトップPCでゲームをプレイしながら、仕事用のノートPCでOfficeファイルを編集したり、チャットツールを監視したり。16:9の画面をフルサイズで2枚並べられる利便性は計り知れない。仕事でもゲームでも重宝すること間違いなしだ。

JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSの主なスペック
パネル 49型IPS(非光沢)
解像度
(アスペクト比)
5120×1440ドット(32:9)
表示色 10.7億色
輝度 350cd/m2
コントラスト比 1000:1
視野角 178度(水平)/178度(垂直)
リフレッシュレート 最大60Hz
応答速度 7ms(OD時GTG)
インターフェース DisplayPort 1.4、HDMI 2.0、USB Type-C、USB Type-A×2、USB Type-B、オーディオ出力ほか
スピーカー 2W×2
チルト -5度~+15度
高さ調節 150mm
スイーベル 左30度、右30度
ピボット -
サイズ/重量 約1212(W)×304(D)×475~575(H)mm/約11.5kg
その他 AMD FreeSync、HDR10、USB PD(最大65W)、KVM機能、VESAマウント(100×100mm)
直販価格 11万9800円
■Amazon.co.jpで購入
■Amazon.co.jpで購入
前へ 1 2 3 4 5 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
03月
04月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月