JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSをレビュー

12万円切りで最安級! 5120×1440ドットの49型超ウルトラワイド曲面ディスプレーがすんごい

文●宮崎真一 編集●ジサトライッペイ/ASCII

提供: 株式会社JAPANNEXT

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最大65WのUSB PDやKVMをサポート

 映像入力はDisplayPort 1.4とHDMI 2.0、USB Type-Cの3系統。いずれも5120×1440ドット、リフレッシュレート60Hzをサポートしている。また、USB Type-CはUSB PDに対応し、最大65Wの給電機能も備えている。対応ノートPCやスマホであれば、USB Type-Cケーブル1本で映像出力と充電が行える。

 さらに、JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSはUSB Type-Bが1基、USB Type-Aは4基も装備。USB Type-BをPCと接続することでUSBハブとして機能し、USB Type-Aにマウスやキーボードなどの周辺機器が使える。

インターフェースは左からHDMI 2.0、DisplayPort 1.4、USB Type-C、USB Type-B、USB Type-A×2、オーディオ出力端子、電源端子が並ぶ

 USB Type-Aは背面と側面に2基ずつ配置。側面は少し遠いものの、背面に比べるとアクセスはしやすい。USB接続型のヘッドセットなど、よく抜き差しするようなデバイスはこちらのほうがいいだろう。なお、USB Type-Aは5V・1Aの給電が可能。

液晶パネルの左側面にもUSB Type-A×2を搭載

 そして、これらのインターフェースはKVMをサポートしており、2台のPCでUSB周辺機器を共有できる。例えば、USB Type-BでデスクトップPCを接続し、USB Type-CでノートPCにつなぐと、どちらからでもJN-IPS49DWQHDR-C65W-HS経由でキーボードやマウスなどが使えるというわけだ。

KVMのイメージ。JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSに接続したUSB周辺機器を、2台のPCで共有できる

 KVMの切り替えは表示している入力ソースで決まり、DisplayPortやHDMI入力であればUSB Type-Bに接続したPC、USB Type-C入力であればUSB Type-Cで接続したPCで周辺機器が使える。

KVM機能で共有している周辺機器が使えるPCは、OSDメニューから入力ソースを選択すると自動で切り替わる

 なお、1.5mのHDMIケーブルと1.5mのUSB Type-Cケーブルが付属するものの、USB Type-Bケーブルは自分で用意する必要がある。このあたりはコストカットの影響だろうが、せっかくKVMに対応しているのだから、USB Type-Bケーブルも同梱してほしかったところ。なお、電源は120W(24V・5.0A)のACアダプターだ。

HDMIケーブルにUSB Type-Cケーブル、ACアダプターが付属する

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
03月
04月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月