JN-IPS49DWQHDR-C65W-HSをレビュー

12万円切りで最安級! 5120×1440ドットの49型超ウルトラワイド曲面ディスプレーがすんごい

文●宮崎真一 編集●ジサトライッペイ/ASCII

提供: 株式会社JAPANNEXT

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PBPやPIPもサポートする豊富なOSDメニュー

 OSDメニューにはピクチャーモードと呼ばれるプリセットを搭載。プリセットは「スタンダード」、「フォト」、「ムービー」、「ゲーム」、「FPS」、「RTS」、「省エネ」の7つ。それぞれ自動で輝度や彩度などが調節される。ほか、画面中央に4種類の照準点を表示する機能も用意。

ピクチャーモードは「色設定」のサブメニューから選べる

 また、画面のチラつきを抑えるフリッカーフリーや、眼精疲労の原因と言われるブルーライトの軽減機能も備える。さらに、暗がりの視認性を向上させるブラックレベルも設定できるなど、OSDメニューは豊富な部類だ。

「画質設定」のサブメニューには、シャープネスやノイズリダクション、ブラックレベルの項目まで用意

 2つの入力映像を1つの画面に同時に表示するピクチャーバイピクチャー(PBP)や、ピクチャーインピクチャー(PIP)にも対応。32:9の超ウルトラワイド画面なので、16:9画面を2つ並べられる点はJN-IPS49DWQHDR-C65W-HSならではのメリットだろう。

「マルチウィンドウ」のサブメニューからPBPやPIPが利用できる。PIPの子画面の表示場所は画面の四隅から選べる。その大きさも大中小で選択でき、解像度は最大2560×720ドットまでサポートする

 なお、OSDメニューは液晶パネル右側背面にあるスティックボタンで操作する。OSDメニューを開いていない場合、スティックボタンを上側に押し込むことで音量の調節が行え、左側が入力ソースの表示、下側が照準点の表示、右側がOSDメニューの表示となっている。

OSDメニュー操作用のスティックボタン

 このスティックボタンは上下左右に動かせ、中央で押し込むと電源をオン・オフできる。OSDメニュー表示中は上下が項目の移動、もしくは数値の増減で、左がメニューのキャンセル、右が項目の選択/決定になる。直感的でわかりやすく、操作性は良好だ。

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
03月
04月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月