JAPANNEXT、144Hzに対応した4Kゲーミングディスプレー

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JAPANNEXTは12月8日、4K/144Hz対応のゲーミングディスプレー「JN-IPS315G144UHDR」を発売した。直販価格は8万9980円。

 本製品は、DisplayPort 1.4に対応し4K解像度と144Hzの高精細でなめらかな映像の描画が可能なゲーミングディスプレー。31.5型の大画面はデスクワークにて生産性を発揮するだけでなく、画面内の情報量が重要なMMOなどをより快適にプレーできる。

 可変リフレッシュレートに対応しティアリングやスタッタリングを軽減。また応答速度1ms(MPRT)により動きの速いゲームや動画の表示の残像を抑え、くっきりと動画を表示する。

 映像入力端子は、DisplayPort 1.4×2、HDMI 2.1を搭載。製品サイズはスタンド付で716×513×204mm、スタンド無で716×424×52mm。重量はおよそ6.7kg。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
03月
04月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月