• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

イベントレポート

注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024March

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

呪われた島ロードスを舞台に灰色の魔女の野望を打ち砕こう!

MSX2版『ロードス島戦記 灰色の魔女』が「プロジェクトEGG」で本日リリース!

2023年03月22日 16時15分更新

文● ASCII

 D4エンタープライズは3月22日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」にて、1989年にハミングバードソフトがリリースした『ロードス島戦記 灰色の魔女(MSX2版)』を配信開始した。価格は440円で、キャンペーン終了後は880円となる。

和製ファンタジーの金字塔『ロードス島戦記』がRPGに!

 「ロードス」という名の島がある。「呪われた島」として名高い辺境の島だ。怪物がうごめく迷宮や、そして人を寄せ付けぬ魔の領域が各地に存在している。

 

 ほんの三十年ほど前には、「呪われた島」というその不吉な名前を証明するかのように、西の山中にある「最も深き迷宮」と呼ばれる魔宮から、遙かなる古代に封印されていた、強大な力を持った魔神たちが解放され、ロードス中を恐怖のどん底に叩き落とすという事件が起こっている。

 

 その魔神との激しい戦いは、一年余も続きロードスの各地に混乱と破壊の波が押し寄せたが、人間を始めエルフ、ドワーフらの光を信仰する者たちが協力をして、再び魔神を封ずることができた……。

 本作は1989年にリリースされたロールプレイングゲーム。タイトルからもわかるように原作の1巻をベースにしており、灰色の魔女にまつわる冒険が楽しめる。

 ゲームが始まると最初に最大6人のパーティを編成。キャラクターメイキングは、4種族(人間、エルフ、ドワーフ、ハーフエルフ)と7クラス(ウォーリアー、ナイト、プリースト、ソーサラー、シャーマン、ウイザード、スカウト)が用意されており、これらを組みあわせて冒険者を作成する。

 なお、ゲーム中には原作でおなじみのパーンやディードリットらも登場してメンバーを入れ変えることも可能。原作同様の仲間で冒険を楽しむこともできる。

 ゲームはメニュー形式の街、トップビューのフィールド、3Dのダンジョンで構成され、戦闘はランダムエンカウントのタクティカルバトルを採用。ターン制でキャラクターを動かして近接・遠隔攻撃のほか、各種魔法などを駆使して戦うタクティカルバトルは、位置取りが重要など非常に臨場感のあるバトルが味わえる。

 なお、本作では魔法はシャーマンマジック(21種)、ソーサラーマジック(22種)、コモンマジック(7種)、プリーストマジック(28種)など多彩な魔法も用意されている。

 和製ファンタジーの金字塔として今なお高い人気を誇る本作。じっくりと腰を落ち着けてプレイできる秀作RPGだ。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

特典

 特典として、当時のマニュアル、スペルブック、マップをPDF収録している。

【ゲーム情報】

タイトル:ロードス島戦記 灰色の魔女(MSX2版)
ジャンル:ロールプレイングゲーム
メーカー:ハミングバードソフト
プラットフォーム:PC
配信日:配信中(2023年3月22日)
価格:440円
※キャンペーン終了後は880円での配信となります。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう