前へ 1 2 3 次へ

コストを抑えた第13世代CoreのPCを組みたい幅広い層におすすめのマザーボード

Intel B760チップセット搭載し、拡張や冷却も十分なMSI「MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4」レビュー

文●石川ひさよし 編集●ASCII

提供: エムエスアイコンピュータージャパン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CES2023(現地1月3日)にて、多くのメインストリームユーザーが注目していただろうIntel B760チップセットおよびそれを搭載するマザーボードが発表された。昨今、PCを買い換えたくても値段が……という方も多いだろう。第13世代CoreはこれまでハイエンドCPU、ハイエンドチップセットしか出ていなかった。ようやく登場したメインストリーム向け製品で、この敷居が引き下げられる。MSIからも数多くのマザーボードが発表されているが、今回はその中の1枚「MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4」を紹介しよう。

MSI「MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4」実売価格は3万5000円前後

 PCパーツが高価になっており、とくにLGA1700マザーボードでは最新プラットフォームにアップグレードしたくても、最上位チップセットのIntel Z790マザーボードはなかなか手が出せなかったという方も多いかもしれない。新たにリリースされたIntel B760チップセットは、ここを改善してくれるものとして期待されていた。

 Intel B760はメインストリーム向けチップセットと言ってよいだろう。Intel Z790と比べると機能はいくつか削減されている。主にPCI Expressレーン数やUSBなどのインターフェースだ。これがどのくらいなのか、自分の用途に足りるのかは理解しておきたい。

Intel Z790、B760比較
DMIレーン数 8 4
PCI Expressレーン数 28 14
USBポート数 最大14 最大12
USB 3.2 Gen2x2 最大5 最大2
USB 3.2 Gen2 最大10 最大4
USB 3.2 Gen1 最大10 最大 6
USB 2.0 最大14 最大12
Serial ATA 3.0 最大8 最大4

Intel B760チップセット

コストを抑えたいならB760チップセット。拡張プランも合わせて検討しよう

 それではMAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4を見ていこう。まず、本製品はMAGグレード。メインストリームゲーマー向けのモデルだ。MAGグレードのデザインだが、形状としてはほぼ共通でブロックタイプの大型ヒートシンクが特徴だ。その上で、カラーリングや主にチップセットヒートシンクやM.2ヒートシンクを中心にアレンジが加えられている。また、TOMAHAWKは伝統的にLEDレス。必要ならRGB LEDヘッダに機器を接続して利用するスタイルだ。

LEDがないのでシンプルかつ購入コストも低くなる

 MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4では、たとえば先にリリースされているIntel Z790搭載モデルの「MAG Z790 TOMAHAWK WIFI」と比べると、M.2スロットの削減に伴って中央M.2ヒートシンクが省かれているほか、各部ヒートシンク上のプリントパターンが異なる。ただ、大型のヒートシンクが熱源をカバーしているので冷却的には上位モデルと同等と言えるだろう。

 ゲーミングエントリーと言えるMAGグレードの本製品。ビデオカード用、M.2のPCI Expressの世代やDDRメモリの世代が気になるところだろう。

 MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4は、ビデオカード用PCI Express x16スロットがGen5対応、M.2スロットがGen4対応、メモリがDDR4といった組み合わせだ。次世代ビデオカードへの備えは万全。メインストリームユーザーには2、3世代、あるいはより長期間運用する方も多いが、MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4ならPCI Express Gen4の現在からGen5の次世代まで長く利用できる。ストレージやメモリについても、背伸びをするよりはコストパフォーマンスのよいゾーンを狙っている。あえて言うなら、メモリは移行期にあるので最初から余裕をもった容量選びをしておけば、より長く、コスパよく使えるだろう。

次世代ビデオカードに対応するので、長期にわたって使えるのもポイント

 PCBデザインは、旧Intel B660チップセット搭載モデル「MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4」と似ている。こまかなスペックを見ていけば異なるが、たとえばSerial ATAポート付近を少し切り取った形状など、共通点が多い。そして拡張スロットレイアウトも(一部PCIe世代は異なるが)同様だ。

 MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4の拡張スロットレイアウトは、x16(Gen5 x16)、x16(Gen3 x4)、x1(Gen4)という並びだ。ちなみに、MAG Z790 TOMAHAWK WIFI DDR4はx16(Gen5 x16)、x16(Gen3 x1)、41(Gen4)という並びで、第2、3スロットのレーン数と世代が異なる。ここは拡張プランに合わせてどちらがよいのか検討したい。x4カードは比較的高性能な(発熱も大きい)ものが多いため、ビデオカードから距離をおいて搭載したいだろう。逆にx1カードで間に合うならMAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4でよいし、そもそも3スロットあるいはそれよりスリムなビデオカードを組み合わせるなら第2スロットにx4カードを挿すことに問題はないだろう。

 M.2スロットについては、MAG B760 TOMAHAWK WIFI DDR4の場合3スロット搭載している。そしてSerial ATA 3.0も4ポートだ。メインストリームユーザーであれば十分だろう。そもそもIntel B760チップセットがメインストリーム向け、そしてそれを搭載するメインストリーム向けマザーボードという点を考えれば、これを超えるスペックは追加チップによる実装となるためトレードオフが生じる。より多くのストレージを接続したい方は、素直に上位チップセットのモデルから選ぶのがよいだろう。

拡張スロットの違いで、上位モデルと比較して購入するのもあり

Serial ATA 3.0ポートは4ポート

 さて、3つのM.2スロットは、すべてEZ M.2クリップが採用されている。ヒートシンクの着脱にはドライバーが必要だが、M.2 SSDを固定する部分、一般的に極小のネジを用いるためなかなかすんなりといかずイライラする部分が解消されている。

 そのほかDIYフレンドリーな機能としては、ビデオカード用PCI Express x16スロットの固定ラッチを大型化したXL CLIP、トラブルシューティングに役立つEZ DEBUG LEDが採用されている。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
03月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月