• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2023February

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

長時間ゲームも仕事も疲れずこなしたい人に!

CORSAIRの高級ロープロファイルゲーミングキーボードは“買い”か?

2023年01月04日 12時00分更新

文● Okano 編集●八尋/ASCII

「K100 AIR WIRELESS」

 「K100 AIR WIRELESS」はCORSAIRが手掛ける、高さが11mm~17mmと、極めて薄いボディーが特徴的なロープロファイルのメカニカルキーボードだ。キースイッチにはCHERRY MX ULTRA LOW PROFILE タクタイルを採用し、薄さからは想像できないしっかりとしたクリック感のあるタッチを実現。Nキーロールオーバーや100%アンチゴーストなど、ゲーマーをサポートする機能をしっかりと組み込んだハイエンド仕様となっている。

 なお、価格は4万9980円(税込)となっている。

 K100 AIR WIRELESSを見ていくうえで、この値段が衝撃的であり、購入の決心を鈍らせる要因の1つだろう。同価格帯だと、コンセプトは異なるがSteelSeriesの「Apex Pro TKL 2023 Wireless」(参考価格4万7820円)があり、その下が同じくSteelSeriesの「Apex Pro Mini Wireless」(参考価格4万3090円)などが存在する。ゲーミングキーボードもとんでもない価格のものが平気で登場する時代となったと考えさせられる。

 では実際に、インパクト溢れる価格に見合ったものかどうかが課題となるだろう。先に述べると、“欠点のない素晴らしいキーボードであるが、何を求めるかによって評価は異なる”という、あまりにも逃げの姿勢ではあるが、そのような結論を導き出した。

 というのも、「結局それってゲームをするうえでなんの役に立つの?」という要素をどう考えるかによって、その評価が変わってくると思えたからだ。マルチポイント機能や質感の高さなど、正直にいってゲームに関係ないところをこだわることに対して、筆者は懐疑的であり、純粋にただゲームとプレイヤーをつなぐ存在であるデバイスという見方をしたとき、K100 AIR WIRELESSに5万円弱を出すことには躊躇してしまう。

 一方で、「キーボード」として見たとき、性能の高さと取り回しのよさ、質感の高さが評価ポイントとして、ほかのキーボードよりも大きな加点をしてくれる。「ゲーミングデバイス」としてのキーボードと「文字入力デバイス」としてのキーボード、2つの視点で見ていくと、その評価が大きく変わってくるように感じた。

スタイリッシュでハイソサエティなビジュアルは、その値段を感じさせる

高級感溢れる質感が特徴的だ

 前置きが長くなったが、まずは筆者がもっとも感動した見た目についてチェックしていこう。

 まずパッケージから取り出して浮かんだのが、「高級」の2文字だった。なんだかいい匂いがしそうな高級感溢れるボディーは、フレームにアルミニウムが採用され、ひんやりした金属感のあるマットな質感になっている。高級ホテルや高級オフィスビルなどで、やたら各部の質感がよくてビビったことはないだろうか、あの感覚だ。

 また、高さが11mm~17mmという驚異的な薄さから成るスタイリッシュでハイソサエティな造形も、その高級感を後押ししている。左Ctrlキーの横にひっそりと佇むCORSAIRの文字や、キートップの樹脂と思われるサラサラとした感覚も心地よく、手触りもいい。

 筆者のような一般庶民が触れることが畏れ多く感じてしまうような、一目見て上質であると感じるデザインになっていることが、K100 AIR WIRELESSを手にとった第一印象であった。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう