前へ 1 2 3 4 次へ

mouse B4-i5のシャンパンゴールドモデルをレビュー!

仕事や普段使いの1台に、マウス製の"オシャレ"な14型ノートPCはいかが?

文●勝田有一朗 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マウスコンピューターの14型ノートパソコン「mouse B4-i5」。左がシャンパンゴールドで、右がオリーブブラック

 マウスコンピューターの「mouse B4シリーズ」は、強力な第12世代インテルCoreプロセッサーを搭載しながらも持ち運びに適した14型ノートパソコンシリーズだ。ワークユースでもホームユースでも、様々なシーンで即戦力となる性能を持っている。

 この度、mouse B4シリーズから、新色の「シャンパンゴールド」と「オリーブブラック」が登場。シックでベーシックなオリーブブラックと、上品に明るいシャンパンゴールドの2色から選べるようになった。シャンパンゴールドおよびオリーブブラックのウェブ販売価格は13万9800円。

 今回、「mouse B4-i5(シャンパンゴールド)[Windows 11]」(以下、mouse B4-i5)をお借りできた。新しい色を堪能しつつ、そのパフォーマンスを探っていくことにしよう。

シャンパンゴールドのモデルをメインに紹介する

mouse B4-i5 主なスペック
ディスプレー 14型(1920×1080ドット、ノングレア)
CPU インテル「Core i5-1240P」(12コア/16スレッド、最大4.40GHz)
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス
メモリー 16GB(8GB×2、DDR4-3200)
ストレージ 512GB SSD(M.2 NVMe)
光学ドライブ -
インターフェース USB 3.0 Type-A×2、USB 3.1 Type-C、Thunderbolt 4(Type-C)、HDMI、ヘッドフォン出力・ヘッドセット兼用端子
通信規格 無線LAN(IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)+Bluetooth 5
カメラ 100万画素(Windows Hello対応)
本体サイズ 約320(W)×215(D)×19(H)mm
重量 約1.38kg
OS Windows 11 Home

部屋でも屋外でもしっかり馴染むシャンパンゴールド

 まずは、mouse B4-i5の新色筐体を中心に外観をチェックしていこう。mouse B4-i5の新色であるシャンパンゴールドは、派手なゴールド色ではなく、橙色や黄色が混じった優しい色合いが特徴のカラーだ。地味なわけではないが、悪目立ちもしない絶妙な色合いに上品さを感じさせる。一見明るい色なので周囲から浮きそうに感じるが、上品な鮮やかさは部屋や屋外、職場など、場所を問わず馴染んでくれると思う。

 mouse B4-i5の外装はこのシャンパンゴールドで塗装されていて、天板中央にはマウスコンピューターのロゴマークであるチーズが描かれている。

天板中央にはマウスコンピューターのロゴマーク

 筐体サイズは液晶ディスプレーを閉じた状態で約320(W)×215(D)×19(H)mm(突起部含まず)、フットプリントはA4用紙よりほんの少し横に広いといった印象。これぐらいのサイズならカバンに入れての持ち運びも容易だ。重量も約1.38kgと14型ノートパソコンの中では比較的軽量な方で、小脇に抱えて持ち運ぶのも苦にならないだろう。

 液晶ディスプレーは14型の1920×1080ドット(フルHD)で、ディスプレーの表面処理は反射を抑えるノングレアタイプが採用されている。液晶パネルの方式は明らかにされていないが、上下左右どの方向から覗き込んでも大きな色の変化などはなかったので、視野角の十分広い液晶パネルが用いられていると思われる。

 液晶ディスプレーのベゼルはナロータイプで、ベゼル部分はシャンパンゴールドではなく黒色で塗装されている。この黒色で一層画面が引き締まり、動画視聴時などにおいては画面サイズが少し小さいことを忘れ、没入しやすい効果が得られるはずだ。

ナロータイプのベゼルを採用

 また、ベゼル上辺には100万画素のウェブカメラが内蔵されている。オンライン会議などでカメラを活用できるほか、「Windows Hello」に対応しているので、顔認証を利用したログオンも可能だ。

ディスプレー上部には、Windows Helloに対応する100万画素のウェブカメラが内蔵

前へ 1 2 3 4 次へ