前へ 1 2 3 次へ

内蔵ストレージ?microSDカード?外付けSSD?

Steam Deckでのロード時間をストレージごとに比較!microSDでも行けそうだ

文●飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月17日に日本でも発売されたValveのポータブルゲーミングPC「Steam Deck」。ストレージ容量が64GB、256GB、512GBと3タイプあるが、内蔵ストレージの換装はできない。このあたりはNintendo Switchに似た仕様だ。そのため容量不足になったら推奨されているのがmicroSDカードでの容量拡張だ。

 またSteam DeckにはUSB-C端子が搭載されており、充電やビデオ出力に加え周辺機器の接続も可能だ。そこで、今回はSamsungのmicroSDカードと、高速で大容量なUSB接続のポータブルSSDでも拡張ストレージとして活用できるのか検証してみた。

差し替えできるmicroSDで容量拡張

 Steam Deckの内蔵ストレージは、64GBを除きPCIe 3.0のM.2 SSDが採用されている。これを大容量に換装できれば話は早いのだが、そうは問屋がおろさず、基本はmicroSDカードを利用して容量確保することになっている。

 そこで、SamsungのmicroSDカード「EVO Plus」の512GBモデルを利用し検証してみた。microSD EVO Plusは、64GB、128GB、256GB、512GBの4モデルがあり、スペック的にも最大転送速度は130MB/秒と高速。それでいて512GBモデルでも実売8000円前後で購入できるから、容量拡張にはもってこいといえるだろう。

SamsungのmicroSDカード「EVO Plus」の512GBモデル。容量はほかに64GB、128GB、256GBがある

 Steam Deckの本体下部にmicroSDカードスロットがあるので、そこに差すだけ。ただし、Steam Deckで認識させるにはext4形式でフォーマットする必要があるので、Steamメニューから「システム」の「SDカードをフォーマット」でフォーマットを実行。「設定」の「ストレージ」を見てきちんと認識されていればOKだ。

microSDカードスロットは本体下部に備わっている

「システム」から「SDカードをフォーマット」を実行。ext4形式でフォーマットされるため、Windowsでは認識されないので注意

Steamメニューの「設定」で「ストレージ」を選択。microSDが認識されていれば利用可能だ。Windowsで使うexFATとNTFS形式でフォーマットされたmicroSDでは認識されないので、ext4形式でのフォーマットはほぼ必須となる

 本体ストレージからゲームを移動したい場合は、「設定」の「ストレージ」から移動したいゲームを選択してYボタンを押し、移動先を選んで実行するだけ。各ゲームのプロパティからも同様のことが行なえる。

ゲームのプロパティからも移動できる。「ローカルファイル」の「インストールフォルダーの移動」で移動先を選択

microSDカードを選択して実行すればいい

移動したゲームは、Steamメニューの「設定」の「ストレージ」で確認できる

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月