食品メーカー「はくばく」、インフラ管理負荷を軽減するため企業向けDropboxを採用

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Dropbox Japanは10月20日に、はくばくが企業向けDropboxを導入したことを発表した。

 ばくばくは、会計システムをはじめとするIT基幹系システムのクラウド化を段階的に進めており、情報系システムの領域では、外部クラウドサービスの活用を促進することで、柔軟かつ俊敏性の高いシステム環境の実現を目指した。

 同社では本社に設置した全社共通のファイルサーバーを、「部門用」「プロジェクト用」「全社用」という3つの領域に分けて利用してきたが、コロナ禍で全社一斉にテレワークを開始したところ、ファイルサーバーアクセスのトラフィックが集中してVPNがパンク。この問題を回避するため、既存インフラの更改時期に合わせて、クラウドストレージに移行した。

 同社がオンプレミスで利用してきたファイルサーバーの移行先に選定したのが企業向けのDropboxであり、導入したことによる効果は、以下の通りになる。

管理負荷軽減
老朽化したオンプレミスのサーバーを管理・保守・運用する作業が不要に。IT 部門の管理負荷、コスト削減に繋がった。

業務スタイルに合ったファイル共有環境の実現
Dropboxにより、フォルダ構成や操作感など、従来と同じ感覚で扱えるファイル共有環境を実現。ファイルのバージョン履歴をたどって巻き戻しもできるので、誰かが誤って削除してしまっても容易に戻せる。この「巻き戻し機能」でユーザー自らデータ復旧操作できる点が評価された。

電子帳簿保存法への対応
2022年1月の電子帳簿保存法改正を機に、同社では取引関連のデジタルデータの保管先としてもDropboxを活用している。これまで紙で保管してきた納品書のファイルや、EDI (電子データ交換)取引のデータをDropbox上に自動で保管することで、管理の負荷も低減している。全文検索機能により、必要な書類にすぐアクセスすることも可能となっている。

 また今後は、パスワード付きZIPファイルをメール添付する情報共有方法「PPAP」を廃止する手段の一つとして、「Dropbox Transfer」を活用したいとのこと。

 Dropbox導入効果の詳細はこちらから。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月