このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ここが変わったWindows 11 第60回

「Windows 11 2022 Update」配信開始! 注目の新機能9選

2022年09月30日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月20日、年に1回の大規模アップデート「Windows 11 2022 Update」の配布がスタートした。2021年10月にリリースされたWindows 11 21H2から、約1年ぶりのアップデートで多くの新機能を搭載している。新機能はまず、Windows 11 Insider Previewに搭載されテストされるので、多くは本連載で紹介済みだ。

 今回はその中から、注目の新機能を紹介する。

 まずは、Windows 11を利用できる期間について、おさらいしよう。バージョンごとにWindows 11 Home/Proは24ヵ月間、Enterprise/Educationは36ヵ月間まで利用でき、「バージョン 22H2」はそれぞれ2024年10月14日まで、2025年10月14日までとなっている。アップデートは「Windows Update」からできる。

①スナップレイアウト機能が強化された

 ウィンドウを整列させるスナップレイアウトが強化されており、「Win+Z」キーを押すと、数字キーでレイアウトを選択できる。また、ウィンドウをドラッグするとデスクトップ上部に細いバーが現れ、レイアウトとそのウィンドウの表示位置を細かく選択することもできるようになった。

画面上部のバーにウィンドウを移動させるとメニューが開く

②スタートメニューをフォルダで整理できるようになった

 スタートメニューのアイコンを他のアイコンにドロップすることにより、フォルダを作成して分類できるようになった。多数のアプリをインストールしている場合、整理しておいた方が目当てのアプリを探しやすくなるので活用したい。

スタートメニューのアイコンをフォルダで分類

③「Family」アプリでペアレンタルコントロール設定ができる

 「Microsoft Family」が搭載され、ペアレンタルコントロールの設定をアプリ上でできるようになった。子供が危険なウェブサイトやアプリを使わないように、使用時間や課金に制限をかけるものだ。

「Family」アプリで各アカウントの状況を確認できる

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン