このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Ambient Intelligenceを推し進める

Amazon、QLED搭載の新「Fire TV Omni」や睡眠改善デバイス「Halo Rize」などを発表

2022年09月29日 03時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Amazonは9月28日(現地時間)、新製品発表会を開催した。毎年この時期に発表している恒例のイベント。

 大きなテーマとして掲げられたのが「Ambient Intelligence」だ。Intuitive(直観的)、Proactive(先読みできる)、Personalized(パーソナライズされた)の3点を軸にデバイスの機能を最大化させようという姿勢をアピールした。デジタル機器の分野ではよく「モノよりコトを重視する」といった表現がよく使われるが、AmazonはセンサーやAI、コンピュータービジョンなどの技術を活用しながら、より生活の中になじみ、意識せず処理が進むデバイスが活躍する未来を歩んでいる印象だ。以下、新製品を中心に紹介する。

Kindle Scribe

 ペン操作にも対応した電子書籍リーダー「Kindle Scribe」(339.99ドル、予約開始)。ノートを取ったり、To Doリストの管理などもできる。

Halo Rise

 睡眠の改善という新しい分野に取り組むスマートデバイス「Halo Rise」(139.99ドル、近日発売)。ベッドサイドに置くことで、睡眠の状態が分かり、改善できる。

 本体には非接触センサーが仕込まれており、AIで解析しながら、睡眠をトラッキング。温度・湿度・光などの環境を最適することでよりよい眠りにつなげていける。例えば、朝の目覚めの際に本体が徐々に明るくなり、日の出をシミュレートする機能なども持つ。また、Alexaと連携することで音楽と連携したり、就寝時に照明やテレビを自然に落としたりといったことも可能だ。データはクラウド上に保存され、履歴の参照、削除が可能だという。6ヵ月の会員サービス無料権が付属する。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン