このページの本文へ

アマゾン、ペンで手書きメモが可能な10.2型電子書籍リーダー「Kindle Scribe」 4万7980円~で予約開始

2022年09月29日 04時25分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Amazonは、Kindleシリーズ初の読み書き対応の10.2型電子書籍リーダー「Kindle Scribe」を発表した。Amazon.co.jpでもすでに予約受付が始まっており、11月30日出荷開始予定となっている。価格は4万7980円から。

Kindle電子書籍リーダーにペン入力対応の新シリーズ登場
10.2型の大型ディスプレーで手書きメモ作成にも便利な1台

 Kindle Scribeは、これまでのKindleシリーズの電子書籍リーダーと同じく、モノクロ表示のE Ink(「Amazonディスプレイ」と呼称)の採用で電子書籍の読書に最適化されたスタイルに加えて、付属のペンによって、手書きノートやToDoリストの作成、PDFファイルへの書き込みなどが可能になるなど、ワンランク進化した姿となっている。また、電子書籍リーダーとしても10.2型の大型ディスプレーが魅力的で、ペンを使うことで手書きの付箋を追加できる。

 本体サイズは196×230×5.8mmで重量は433g。16階調のグレースケールに対応した10.2型ディスプレーの解像度は300ppi。明るさ自動調整機能も備えている。バッテリーは付属の9W対応ACアダプターを用いた場合で約2.5時間で充電が完了し、読書は最大12週間、手書きは最大3週間(ともに1日30分利用した場合)の利用が可能としている。USB端子はType-C。

 スタイラスペンは、「スタンダードペン」「プレミアムペン」の2種類があり、ともに本体にマグネットで取付が可能。プレミアムペンにのみショートカットボタンがあり、消しゴムや付箋追加といった機能を割り当てられる。

 ストレージは16GB/32GB/64GBの3タイプ。最も安価なスタンダードペン付きの16GBモデルで4万7980円で、プレミアムペン付きはプラス4000円、32GBモデルはプラス3000円、64GBモデルはプラス8000円。

 このほかオプションで、純正のファブリックカバー(9980円)、レザーカバー(1万3980円)、プレミアムレザーカバー(1万5980円)、交換用ペン先(1980円)が用意されている。

■Amazon.co.jpで購入
 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン