このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新しい「Fire TV Cube」、「Alexa対応音声認識リモコン Pro」も登場

Amazonが、空間オーディオ機能を強化した「Echo Studio」など新製品を実演

2022年10月25日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Amazonは10月25日、Echoシリーズの新製品体験会を開催した。

 米国で9月に発表した、空間オーディオ機能を強化した「Echo Studio」、新しい「Fire TV Cube」、「Alexa対応音声認識リモコン Pro」の新製品発売に合わせて、報道関係者を招いたもの。会場は渋谷にあるAmazon Music Studio Tokyoが利用された。

空間オーディオ機能を強化した「Echo Studio」

 新製品の「Echo Studio グレイシャーホワイト」は、ハード的には従来のEcho Studioと同じだが、ソフトウェアがアップデートされている。空間オーディオ処理技術で、ステレオ音源の広がりある再生が可能になった。クロストークキャンセレーションに加え、スピーカービームフォーミング機能を搭載。後者は7つのマイクで取得した反射音の情報を活用し、最適な空間再現をする。

 空間オーディオ処理技術のオン/オフはAlexaアプリから切り替えが可能だ。オンにすると左右に加え、上方にも音が広がり、ステレオの音源でもより広い空間を意識した再生が可能となっている。

 空間オーディオのコンテンツについては、2019年からAmazon Musicで360 Reality AudioやDolby Atmosの配信を開始。もとはAmazon Music HDのプランに契約する必要があったが、2021年にはAmazon Music Unlimitedに契約していれば誰もが利用可能となった(Amazon Music HDプランは統合)。

 当初は懐疑的な声もあったが、海外のビルボードチャートではトップランク楽曲のうち、2/3がドルビーのフォーマットに対応している。Amazon Musicとしても、空間オーディオをより身近にするため、「空間オーディオJ-POP」などのプレイリストを用意し、より身近に体験できる環境を整えている。Amazonでは「空間オーディオを通じて、ファンとアーティストの距離を近づけたい」としている。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン