このページの本文へ

【DMM GAMESプレイ日記】 第69回

秋の夜長にじっくりと楽しみたい中世ストラテジー

戦争、内政、ロマンスときどき反乱も!中世を舞台にしたなんでもアリの骨太な戦略ゲーム『クルセイダーキングスIII』をレビュー

2022年09月28日 15時00分更新

文● 佐藤ポン 編集●宮崎/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DMM GAMESから2022年9月1日に発売された『クルセイダーキングスIII』は、867年と1066年の中世を舞台にしたストラテジーゲーム。プレイヤーは1人の王や伯爵、公爵となり、領土を統治しながらそれぞれの人生を歩んでゆく。

 本作の対応機種は、PlayStation 5/Xbox Series X|S。価格は、通常版が7920円/Xbox Series X|Sのみのロイヤルエディションが9900円となる。

 本作をプレイしてまず驚かされるのは、自由度の高さ。こういったタイプのゲームは、プレイヤーが「国の長」として一国を治めるのが一般的だろうが、『クルセイダーキングス III』は異なる。国王としてプレイするだけでなく、国王配下の領主としてもプレイ可能だ。

 さらにプレイ可能なマップが広大なのも特徴。「中世が舞台」と聞くと一般的に「中世ヨーロッパ」を連想するだろうが、本作のマップは北アフリカからインド、東南アジアのミャンマー付近、チベットをカバーしている。

 この広大な土地にかつて存在していた王朝がレイアウトされており、どの国家でもプレイできるわけ。ゲームの規模が大きすぎる!

 これからレビューを書かせていただくのだが、まず初めにお断りを。いきなり白旗宣言で申し訳ないが、『クルセイダーキングスIII』をこの記事だけで紹介するのは、とてもじゃないけど無理!

 データ量がとにかく多く、ゲームシステムも複雑。だが、これは本作がそれだけ遊びごたえがある作品で、どれだけプレイしても飽きが来ない理由でもある。

 これにはメーカーも十分理解しているようで、プレイ中に不明な用語が出てきたり対処不能な事件が起こったとしても、搭載している「百科事典」を参照すればいつでも確認可能。『クルセイダーキングスIII』は、秋の夜長にジックリ遊ぶには最適な戦略ゲームだ。

乱世を生き抜くには立ち回りが最重要

 ゲームを開始させると、まずはキャラクターの選択を行なう。前述した広大なエリアのなかからキャラクターを選ぶのだが、何人かのオススメがピックアップされている。もちろん誰を選んでも自由だ。

 選択の指針になるのは、キャラクターの特性や能力、宗派、文化など、多数のパラメーター。じっくり読み解けば、どのようなキャラクターか判断できる。

 さらに「軍事」や「策略」「学識」などのライフスタイルは、ゲームを進めながら能力を伸ばせる。これらはRPGのスキルのような感覚で習得できるため、状況に応じて有効だと思える能力を伸ばすといったことも。キャラクター育成の自由度の高さも、本作の楽しいところ。

 キャラクター選択で、もしも国王を選択した場合は国政のすべての決定が与えられている。しかし国の統治は簡単ではなく、内政や外交は実に忙しい。とくに外交は重要で、どこかの国と同盟関係を結べば、同時に反対派の勢力からは敵対国家とみなされてしまう。決断を誤れば他国から攻撃されてしまうので慎重に。

 そして内政は内政で、国力を蓄えるために土地の開発や封臣の任命を行なう必要がある。配下のなかには国王に反旗をひるがえす連中も現れる可能性があるので、いつ謀殺されるかわからない。巨大な王朝の運営はとにかく忙しい。

 領主としてプレイする場合はラクかと言うと、コレはコレで別の問題が山積み。国王の命令に従いながら、国家内で存在感を示さねばならないのでなかなか大変。

 王に任された領土を開発しながら、権力争いに勝利するのは一筋縄ではいかない。『クルセイダーキングスIII』は、上には上の、下には下の苦労を味わえるゲームなのだ。

子孫を繁栄させて強力な婚姻関係を結べる!

 本作は武力で国土を広げるだけでなく、外交や工作で国を繁栄させられる。とくに重要なのは子孫を他国の有力者に嫁がせ、強力な同盟関係を結ぶ戦略。いわゆる「戦略結婚」というやつだ。子どもをたくさん作り、どの国と婚姻関係を結ぶかは重要な問題。

 子孫繁栄の目的は他国との外交だけでなく、プレイヤーのキャラクターの継承者としても機能する。優秀な子どもを継承者にしておけば、プレイヤーキャラクターが他界した後もゲームオーバーにならずにゲームを続行できる。そのため、継承者候補は幼いころから教育を叩き込み、優秀な人間へと育てておくべし。

時間の経過とともに世界が動くゲームシステム

 『クルセイダーキングスIII』はリアルタイムに時間が進むシステム。いつでも一時停止やゲーム速度の変更が可能だが、ゲームを進行させている間はゲーム内のすべてのキャラクターが同時に行動している。

 そのため、多くの指示をしたいときは、一時停止やゲーム速度を低速にするのが得策。本作はとにかく忙しいゲームなので、ゲーム速度の変更は慎重に行なうとよさそうだ。

ゲームの目的はプレイヤー次第! 自由に乱世を生き抜くゲーム

 本作を初めてプレイしたときは、圧倒的なデータ量と作業の多さに混乱するかもしれない。しかし、『クルセイダーキングスIII』の仕組みがわかってくると、やめられない楽しさが待っている。とくに工作や外交などで自分の想像したとおりに物事が進んだときは、他作品では味わえない喜びを感じられる。

 『クルセイダーキングスIII』にルールはなく、どのような行動を取っても自分の責任。大きな国家を作ってもいいし、小さな領土を統治する領主として生き抜いてもいい。

 本作はプレイヤーそれぞれの目的を楽しめる戦略ゲームとなっている。こういったゲームが好きな人はもちろん、大人向けの骨太なゲームが遊びたい人にもオススメしたい1本だ。

ゲーム情報

・タイトル名:クルセイダーキングスIII
・公式サイト:https://crusaderkings3.games.dmm.com/
・発売日:発売中(2022年9月1日)
・ジャンル:中世ストラテジー
・対応機種:PlayStation 5/Xbox Series X|S
・プレイ人数:オフライン1人/オンライン1人~12人
・価格:【通常版】7920円
    【ロイヤルエディション】9900円(Xbox版のみ) 
・権利表記:Published in Japan by EXNOA LLC. ©2020-2022 and published by Paradox Interactive AB. CRUSADER KINGS and PARADOX INTERACTIVE are trademarks and/or registered trademarks of Paradox Interactive AB in Europe, the U.S. and other countries. All other trademarks, logos, and copyrights are the property of their respective owners. Console version adapted by Lab42 Limited. 
・DMM GAMES公式サイト:https://games.dmm.com/ 

カテゴリートップへ

この連載の記事