このページの本文へ

Cloudflare、日本で「Data Localization Suite」提供開始。現地でデータ処理が可能に

2022年09月22日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cloudflareは9月22日、アジア太平洋地域3ヵ国(日本、オーストラリア、インド)で「Data Localization Suite(DLS)」を提供開始した。

 Data Localization Suiteは、ヨーロッパのローカライゼーションの要件や規制に準拠するために2020年に提供を開始した企業向けのサービス。国内のデータの移動先や、アクセス権に関するルール、コントロールなどを簡単に設定・制御でき、データローカライゼーション規制を順守できる。Cloudflareのグローバルネットワークのスピード、セキュリティー、拡張性を享受しながら、国と地域ごとにデータの処理が可能になる。

 本サービスでは、トラフィックを検査するデータセンターのロケーションを選択できるほか、「Cloudflare Geo Key Manager」を使用して、秘密鍵の保管場所も選択可能。また、グローバルなパフォーマンスとローカルのコンプライアンス順守を両立するアプリケーションを構築できる。「Jurisdiction Restrictions for Workers Durable Objects」によって、特定の地域限定のサーバーレスアプリケーションも構築可能。

 さらに、WAF、ボット管理、DDoS攻撃対策などCloudflareのセキュリティー機能を利用して、ウェブサイトを保護する。大規模なパフォーマンスとスピードを実現しながら、ISO 27001、27701、27018といったプライバシー保護とセキュリティー認証の国際規格に準拠できる。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!