このページの本文へ

ゲーマー注目のPCIe4.0最新ゲーミングSSD&CMRで過去最大の22TB HDDが登場

ストレージは最高速度のSSDと最大容量のHDDを擁するウエスタンデジタルにおまかせ!

2022年09月13日 11時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ATTO Disk Benchmark V4.01

 続けてATTO Disk Benchmarkでシーケンシャルアクセスのピーク性能を見ていこう。SN850Xは今回の計測環境ではリード、ライトともに公称値を下回っており、リードの最大値も4.2GB/secと、SN850にやや負けている。さらにファイルサイズ32MBからは、速度ダウンも見られる。

 SN850では、ファイルサイズ1MBから安定して6.47GB/secを発揮しているので残念ではあるが、27%アップを実現したライトパフォーマンスが、このマイナス面を消し去ってくれる。ファームウェアで改善されることがあれば、パーフェクトだろう。

WD_BLACK SN850X。ATTO Disk Benchmark V4.01の結果

WD_BLACK SN850。ATTO Disk Benchmark V4.01の結果

「PCMark10」と「3DMark」で
実使用のパフォーマンスをチェック

 ストレージベンチマークに続いては、実使用シーンを想定したパフォーマンスを「PCMark10 Full System Drive Benchmark」と「3DMark Storage Benchmark」で見ていこう。

 まずは、アプリケーション起動やファイルコピーなどの実使用シーンを想定したテストを行なって、スコア、転送速度(Bandwidth)、平均アクセス時間(Average access time)を計測する「PCMark10 Full System Drive Benchmark」からだ。

 結果はSN850Xが、SN850から10%以上スコアを伸ばした4105ポイントを記録しており、転送速度と平均アクセス時間も優秀だ。

WD_BLACK SN850X。「PCMark10 Full System Drive Benchmark」の結果

WD_BLACK SN850。「PCMark10 Full System Drive Benchmark」の結果

 続けて、実際のゲームをプレイする際に発生するデータ読み書きを想定したテストで、ストレージのゲーミングパフォーマンスをチェックする「3DMark Storage Benchmark」だ。ゲームの起動からメインメニューへの遷移や、プレイ動画の録画などでパフォーマンスを示す。

WD_BLACK SN850X。「3DMark Storage Benchmark」の結果

WD_BLACK SN850。「3DMark Storage Benchmark」の結果

 PCMark10と同じく、SN850Xが圧勝しており、スコア4587ポイント、平均転送速度782.81MB/sec、平均アクセス速度39μsと優秀な結果を出している。各種テストの転送速度、アクセス速度も優秀でほとんどのテストでSN850を上回っている。

ゲームモードをテスト

 ゲームモードがオフの状態でも、十分魅力的なパフォーマンスを発揮したWD_BLACK SN850Xだが、さらなる性能アップを期待できるゲームモードをオンにした状態をチェックしていこう。

 SN850X、SN850ともにゲームモードをオンにした状態で、「CrystalDiskMark 8.0.4」(デフォルト)、「PCMark10 Full System Drive Benchmark」、「3DMark Storage Benchmark」を実行し、ゲームモードオフの状態と比べていこう。

「CrystalDiskMark 8.0.4」(デフォルト)の結果 [単位:MB/s]
SEQ1M Q8T1 SEQ1M Q1T1 RND4K Q32T1 RND4K Q1T1
Read Write Read Write Read Write Read Write
WD_BLACK SN850X 2TB
ゲームモード オフ
6924.04 6675.83 4548.65 5989.27 1336.03 1124.33 85.22 392.68
WD_BLACK SN850X 2TB
ゲームモード オン
6924.27 6678.46 4503.84 5992.65 1343.34 1132.61 85.72 421.92
WD_BLACK SN850 2TB
ゲームモード オフ
6931.13 5341.53 3841.43 5013.37 1284.28 1159.78 77.73 390.10
WD_BLACK SN850 2TB
ゲームモード オン
6929.11 5341.88 3759.99 4913.41 1256.94 1098.36 75.94 416.93

 ゲームモードを有効にすると、「CrystalDiskMark 8.0.4」(デフォルト)は、SN850X/SN850ともにランダム「RND4K Q1T1」のライトが、やや向上している。ゲームモードは、ファイルコピーや移動などには影響ないのがわかる。

 続いて「PCMark10 Full System Drive Benchmark」、「3DMark Storage Benchmark」の結果を見ていこう。

 「PCMark10 Full System Drive Benchmark」の結果を見ると、前モデルのSN850はゲームモードを有効にすることで、スコアを伸ばしているが、SN850Xは逆にスコアなどはダウンしている。ただ、ゲームモードの本命となる「3DMark Storage Benchmark」では、しっかりとスコアを伸ばし、各テスト項目の転送速度も多くがアップしている。

 Adobe系アプリ、オフィスアプリなど、普段使いのパフォーマンスがダウンするのは避けたいところだが、ゲームモードを使わないのももったいない。そこで活躍するのがWD_BLACK SN850Xで新たに採用された「ゲームモード 2.0」に追加された「自動」モードだ。

 自動に変更後、「PCMark10 Full System Drive Benchmark」を実行すると、スコアはオフと同じ4000台を安定して記録したので、WD_BLACK SN850Xではゲームモードを自動に設定して運用するのが良いだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中