このページの本文へ

最大リード7300MB/secを誇るWDのゲーム向け高速SSDが3モデル販売開始

2022年09月01日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Western DigitalのNVMe M.2 SSD「WD_BLACK SN850X NVMe SSD」シリーズが発売された。登場したのは、容量1TB「WDS100T2X0E」(2万2800円)、2TB「WDS200T2X0E」(4万3800円)、4TB「WDS400T2X0E」(8万6800円)。オリオスペック、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

Western DigitalのNVMe M.2 SSD「WD_BLACK SN850X NVMe SSD」シリーズ。大容量の4TBモデルもラインナップする

 ゲーム向けをうたう最大シーケンシャルリード7300MB/secの高速SSD。ゲームを高速にロードするロード予測機能「ゲームモード2.0」を備える。大容量の4TBモデルもラインナップするため、多数のゲームを保存できる。

ヒートシンクは非搭載。ロード予測機能「ゲームモード2.0」を備える

 インターフェースはPCI Express4.0(x4)。最大シーケンシャルリード7300MB/sec、同ライト6600MB/sec(1TBは6300MB/sec)、最大ランダムリード120万IOPS(1TBは80万IOPS)、同ライト110万IOPS、書込耐性2400TBW(1TBは600TBW、2TBは1200TBW)となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中