リビングにすんなり溶け込む和テイストの筐体も魅力

第12世代Core i7+RTX 3060搭載のコンパクトPC<GX750/EAB>レビュー、買ってすぐにゲームが遊べる周辺機器もセットで超おトク!

勝田有一朗 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

通常使用やゲーミング用途において高いパフォーマンスを発揮

 <GX750/EAB>に搭載されているCore i7-12700Fは、性能に優れたPコア8基+ワットパフォーマンスに優れたEコア4基の、計12コア/20スレッドで動作するハイブリッド・アーキテクチャーを採用したCPUだ。最大ブースト時の動作クロックは4.9GHzに達し、現行デスクトップPC向けCPUの中でも上位の性能を有する。もちろんゲーミング用途にも十分なパフォーマンスを発揮してくれるはずだ。なお、末尾が“F”のモデルのため、CPU内蔵GPUは搭載せず、別途ビデオカードが必要となるCPUだ。

 システムメモリーは16GB(DDR4-3200 8GB×2)を搭載しており、現在のゲーミング用途としては必要十分な容量と言えるだろう。<GX750/EAB>はメモリースロット2基の仕様となっているので、メモリー増設は既存メモリーモジュールとの交換で対応することになる。仕様上はDDR4-3200 16GB×2に換装することで合計32GBまで対応可能とされている。

メモリースロットは2基の仕様

 ゲーミングPCの要とも言えるGPUにはGeForce RTX 3060を採用。GeForce RTX 3060は1920×1080ドットのフルHD環境をターゲットにしたNVIDIAのミドルクラスGPUだ。ビデオメモリーにGDDR6 12GBを搭載し、容量的に少し余裕を持っているのが特徴。昨今のゲームはビデオメモリー消費量が増え続けているので、ビデオメモリー8GB以下のGPUよりも長い期間現役を続けられるGPUとなるかもしれない。

CPU-Z(左)とGPU-Z(右)の実行結果

 <GX750/EAB>はコンパクトな筐体に高性能CPUとミドルクラスGPUを搭載したゲーミングPCだ。CPUがボトルネックとなることはなくGPUの性能を100%発揮できる構成になっているとは予想できるが、コンパクトな筐体は発熱などで問題が生じることもある。実際に<GX750/EAB>がどれくらいのパフォーマンスを見せてくれるのか、基礎的なベンチマークから探っていくことにしよう。

 最初のベンチマークは、CPUのマルチスレッド性能とシングルスレッド性能を3DCGのレンダリング速度で測る、定番の「CINEBENCH R23」から。

 結果はマルチスコアーが13053pts、シングルスコアーが1902ptsとなった。マルチスコアーがかなり低く、結論から言うと<GX750/EAB>はCPUクーラーのサイズに合わせて電力制限(パワーリミット)をかけた安定志向の仕様になっているようだ。マルチスコアーはモバイル向けの「Core i7-12700H」に近い結果と言えるだろう。一方でシングルスコアーはCore i7-12700Fらしく、デスクトップ向けCPUの中でも最上位に近い値を残せている。

 パワーリミットによってかなり性能が抑えられている印象だが、一般的なアプリやゲームではCPUがマルチスレッド全開で動くことはほとんどなく、どちらかと言えばシングルスレッド性能が重要になる場面が多い。そのためパワーリミットがパフォーマンスに影響するケースは結構少ないと考えられる。

 また、電力を抑えるということは発熱を抑えることにもなる。CINEBENCHのマルチスレッド計測中のCPU温度は約64度前後(室温28度)と割と低めで推移していたので、CPUクーラーも大きな唸りを上げることなく、比較的静かに動作していたのは好印象だ。

CINEBENCH R23実行結果

 次に、実アプリケーションに近い負荷でPC全体の性能を測る「PCMark 10」(Ver.2.1.2563)でベンチマークを実行した。

 総合スコアーは7902で、その内訳は、アプリ起動速度、ビデオ会議、ウェブブラウジングの性能を測る「Essentials」が10359。表計算や文書作成のオフィスソフト性能を測る「Productivity」が10435。写真編集や動画編集、3DCG製作などのクリエイティブ性能を測る「Digital Content Creation(DCC)」が12388という結果になった。Essentials、Productivity、DCC、全てのスコアーが1万の大台を超えているので、<GX750/EAB>は様々な用途で快適な動作を実現できる性能を持っている。

 参考までにパワーリミット無制限で動作するCore i7-12700とGeForce RTX 3080 Tiを搭載したPCでのベンチマーク結果は、Essentialsが約10600、Productivityが約10100、DCCが約14800というものだった。GPU性能差が如実に反映されるDCCは別として、EssentialsとProductivityは今回の結果と誤差の範囲に収まっており、パワーリミットの制限は実アプリケーションのパフォーマンスにあまり影響しないことが伺える。

PCMark 10実行結果

 次は3Dグラフィックス性能を測るベンチマーク「3DMark」(Ver.2.22.7359)でゲーミング性能を計測。

 DirectX 11のテスト「Fire Strike」では、フルHD(1920×1080ドット)のFire Strikeが21104、4K(3840×2160ドット)のFire Strike Ultraが5208というスコアーに。DirectX 12のテストを行なう「Time Spy」では、WQHD(2560×1440ドット)のTime Spyが9187、4KのTime Spy Extremeが4191という結果になった。Direct X Raytracing(DXR)のテスト「Port Royal」のスコアーは5028。

 RTX 3060のターゲット通りにフルHDのベンチマークでは良いスコアーを残せるものの、WQHD、4Kと解像度が上がるにつれてスコアーが下がっていく。それでもGeForce RTX 3060としては平均的なスコアーが出ており、ここでもCPUのパワーリミットによる影響は見られない。

 CPUに大きなパワーリミットをかけると高性能なCore i7-12700Fが宝の持ち腐れになってしまわないかという懸念もあったが、通常使用やゲーミング用途の場合、その懸念は当たらないことが判明した。<GX750/EAB>はパーツ構成のバランスが良く、CPUがGPUの性能を十分に引き出せていると考えられる。

 最後の基礎ベンチマークとして、内蔵ストレージの転送速度を「Crysrtal Disk Mark 8.0.4」で計測した。事前に「Crystal Disk Info 8.12.7」にて内蔵ストレージのモデルを確認したところ、試用機には「KIOXIA BG5シリーズ 1TB」が搭載されていた。PCI Express Gen4接続で3D TLC NANDを採用する1TBのM.2 NVMe SSDだ。

Crysrtal Disk Mark実行結果

 テスト結果はシーケンシャルリードが3428MB/秒、シーケンシャルライトが2919MB/秒となった。PCI Express Gen4接続のM.2 NVMe SSDとしては物足りない性能ではあるが、PCI Express Gen3接続と比較すると上位モデルに相当するスピードが出ている。ゲームでも十分高速なローディングが期待できるだろう。

 また、吸気ファンの風が直接吹き付ける<GX750/EAB>特有のM.2スロット設計はM.2 NVMe SSDの冷却に効果てきめんで、アイドル時の温度は32度(室温28度)、Crysrtal Disk Mark実行中の最高温度も37度までしか上がらなかった。やはりメーカー製PCらしく発熱や安定性に十分な配慮を行なっていることが伺える。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月