このページの本文へ

NECプラットフォームズ、6GHz帯対応トライバンドWi-Fiホームルーター「Aterm WX11000T12」「Aterm WX7800T8」発表

2022年09月06日 15時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

左:Aterm WX11000T12、右:Aterm WX7800T8

 NECプラットフォームズは9月5日、Wi-Fiホームルーター「Aterm WX11000T12」と「Aterm WX7800T8」を発表した。9月15日に発売する。

 9月2日の電波法施行規則等の改正により、Wi-Fi製品向けに新たに開放された6GHzの周波数帯域に対応し、従来の2.4GHz帯と5GHz帯に加え6GHz帯を含む3つの帯域(バンド)を同時に利用できるトライバンドにも対応する。Aterm WX11000T12は12ストリーム、Aterm WX7800T8は8ストリームが利用可能。また、WX11000T12は10GBASE-Tに対応し、10ギガ回線サービスを最大限活用することが可能となっている。

 さらに、メッシュ中継機能により通信エリアを拡大し安定した通信環境を構築できるほか、不審な接続を検知・ブロックするトレンドマイクロ製ホームネットワークセキュリティー機能を搭載。

 価格はいずれもオープンプライス。

 また、公式Twitterアカウントをフォロー&ツイートするだけで抽選で5名にAterm WX11000T12をプレゼントする「Wi-Fi 6E 新商品発売記念プレゼントキャンペーンを開催した(10月2日まで)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン