• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

「ロマンスカーGSE(小田急電鉄)」などを紹介

『A列車で行こう ひろがる観光ライン』収録車両の発表動画Part2が公開!

2022年08月12日 15時30分更新

文● Zenon/ASCII

 アートディンクは8月12日、Nintendo Switch向け都市開発鉄道シミュレーションゲーム『A列車で行こう ひろがる観光ライン』について、新規収録される実在の鉄道車両を紹介する動画の第2回目を、アートディンク公式YouTubeチャンネルにて公開した。

 本作の発売日は2022年11月3日で、本編とのパッケージセットは1万406円、ダウンロード単体は2728円となる。

■【ひろがるA列車】実在車両紹介 Part2

「実在車両紹介動画 Part2」について

動画URL:https://youtu.be/e9D0l-d6u2Y
配信日時:2022年8月11日16時~
配信元:アートディンク公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/ARTDINKmovie

 第2回は4車両を紹介。(以下、動画のネタバレを含む)

・「ロマンスカーGSE(小田急電鉄)」:新宿と箱根を繋ぐ、ローズバーミリオン色が特徴の特急列車。
・「3000形・3100形 アレグラ号(箱根登山鉄道)」:8月11日山の日にちなんで、箱根湯本から強羅まで登山する旅客用電車が登場。
・「1000系(阪神電鉄)」:現在大盛り上がりの甲子園駅など、三宮~奈良を走行する急行用車両。
・「6500系(神戸電鉄)」:神戸を起点に、有馬温泉や三田などへ走行する通勤形電車。

「ロマンスカーGSE(小田急電鉄)」

「3000形・3100形 アレグラ号(箱根登山鉄道)」

「1000系(阪神電鉄)」

「6500系(神戸電鉄)」

 

【ゲーム情報】

タイトル:A列車で行こう ひろがる観光ライン ガイドブックパック
ジャンル:都市開発鉄道シミュレーション
発売元:アートディンク
企画・開発:アートディンク
プラットフォーム:Nintendo Switch
発売日:2022年11月3日
価格:1万406円(パッケージ/ダウンロード)
 ※ダウンロード版にはガイドブックは付属いたしません。
 ※日本リージョンのみで販売いたします。
プレイ人数:1人
CERO:A(全年齢対象)


追加コンテンツタイトル:「ひろがる観光ライン」
発売日:2022年11月3日
価格:2728円(ダウンロードのみ)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう