このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第139回

ハイインピーダンスヘッドホンも軽々と再生

M2搭載MacBook Airのオーディオ性能は?

2022年08月09日 19時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルの「MacBook Air」では話題のM2が搭載されたが、これのみならず、全体にわたって再設計されているのがポイントだ。それはディスプレイーから筐体デザインまで多岐にわたるが、本稿ではオーディオ的な視点で改良ポイントを見ていきたい。

MacBook Air

 まず、M2搭載のMacBook Airでは内蔵スピーカーが大きく改良された。

 M1搭載のMacBook Airではフルレンジのスピーカーユニットが左右2基搭載されていたが、M2 MacBook Airではこれが高域用のツィーターと低域用のウーファーに分かれ、合計4基のスピーカーユニットが搭載されている。開口部も変化している。M1 MacBook Airでは左右にスピーカーポートがあったのだがM2 MacBook Airではそれが廃止されてヒンジ部分に左右二個のポートが空いている。

内蔵スピーカーのポート

 Patently Appleは、M1 MacBook Airに存在したスピーカーユニット専用の開口部が一見して見えなくなったことからM2 MacBook Airに専用ポートを持たず、キーの間隙から音が出るアップル特許(出願番号:20220026964)が使われているのではないかと想像していたが、iFixitの分解結果を見る限りはスピーカーユニットが専用のヒンジ部のポートに直結されているようなのでこれは違うようだ。もしかすると画面にいったん音を当てて前面に反射される技術かもしれないが、詳細は分らない。

 音質はオーディオ機器の音ではないが、悪くはない。低音が足りないスマートスピーカーのような音質だ。透明感があり、中高域に関してはそう悪くない。また音の広がり感は独特の良さがあって立体的に広がるように感じられる。MacのOSがずっと昔にOEMされた時期には、日本のメーカーから立派なスピーカーを内蔵したMacが出ていたことがある。現代のMacBook Airにそれを望むのは無理というものだろう。薄型コンピューターの内蔵スピーカーにしては立派なものだと思う。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン