このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第51回

Windows 11 IP版にデスクトップに「ステッカー」機能が搭載

2022年07月15日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レジストリエディタでDWORD値「EnableStickers」を作成する

 Windows 11 22H2では、「ステッカー」機能が搭載される。現在は、Windows 11 Insider Previewで利用できるのだが、「ステッカー」を利用するならまずはレジストリを修正する必要がある。レジストリの操作を誤るとシステムが不安定になることがあるので、チャレンジする場合は自己責任で実施してほしい。

 「Win+R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「regedit」と入力して、レジストリエディタを起動する。続けて、「コンピュータ¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥PolicyManager¥current¥device」を開き、新規キーを作成。名前を「Stickers」にする。

 右側の画面で右クリックメニューから「新規」→「DWORD (32-bit)」をクリックして、名前を「EnableStickers」とする。単語間にはスペースを入れずに続けて入力すること。値を作成したら、ダブルクリックし、値を「1」にする。これで、「ステッカー」が有効になる。

右クリックメニューから「ステッカーを追加または編集する」をクリックする

 デスクトップの右クリックメニューに「ステッカーを追加または編集する」が現れるのでクリックする。ウィンドウが非表示になって、デスクトップがステッカー編集モードになる。小さなボタンが2つ表示されるので、パネルアイコンを選択すると小さなウィンドウがポップアップしてステッカーを一覧できる。日本語でステッカーを検索することも可能だ。すでに、海賊、ミツバチ、ブロッコリー、猫、にわとりをはじめ様々なモチーフで多数のステッカーが登録されている。

パネルからステッカーを選択する

 好みのステッカーをクリックすると、デスクトップの左上に追加される。ドラッグ&ドロップで位置を変更したり、四隅をドラッグしてサイズを調整したりできる。

デスクトップに配置されるので、場所やサイズを調整する

 ゴミ箱アイコンをクリックすればステッカーを削除でき、「×」アイコンをクリックすればステッカー編集モードが終了する。再度編集モードに入れば、設置済みのステッカーの編集をやり直すことも可能だ。

いろんなステッカーがあるので、お気に入りを探してみよう

 今のところステッカーに有用な機能はない。しかし、もしユーザーがステッカーを公開する機能が用意されれば、人気が出るかもしれない。お気に入りのイラストレーターの作品や企業のロゴなどを自由に配置できるようになれば、おもしろそうだ。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン