• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

イベントレポート

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024July

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

80年代風キャラクターコスチュームなども配信!

待望のオンラインマルチプレイモードが登場!2Kのホラーゲーム『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』でアップデートを配信

2022年07月08日 15時20分更新

文● ASCII

 2KとSupermassive Gamesは7月8日、ティーンホラーゲーム『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』[PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)]の大規模なパッチを配信した。今回のアップデートでは、待望のオンラインマルチプレイモード「狼の群れ」が追加される。

『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』発売記念トレーラー

 オンラインマルチプレイモード「狼の群れ」は、ホストプレイヤーがゲーム内にフレンドを最大7人まで招待し、一緒に視聴できる招待制のモード。ホストがプレイしている間にフレンドはプレイを視聴し、重要な決断の際には全員が投票して多数決で選択肢が決定される。

 『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』は、複雑に入り組んだ物語によって、何度でも再プレイしたくなる構造となっているが、「狼の群れ」ではフレンドたちと恐怖を分かちあいながら、恐怖の一夜に直面する想像を絶する決断の場面で、まったく新しい選択肢を選ぶことができるかもしれない。

 さらにストーリーを深く知りたいユーザーのために、ポッドキャスト番組「世紀の不思議体験」の全6エピソードもゲーム内で配信。これまでは、一部のストリーミングプラットフォームでのみ視聴可能だった、この全6回の限定ポッドキャストシリーズは、架空の超常現象研究家であるグレイスとアントンが、『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』の舞台となった地域周辺で起こる、実に奇妙な出来事の調査に乗り出している。

 また、本日のパッチ配信によって、キャンプカウンセラーたちの服装をレトロに変身させることができるようになった。デラックス エディションを所持したプレイヤーなら、80年代を彷彿とさせるキャラクター衣装に着替えさせプレイすることが可能だ。本衣装は、DLCパックに同梱されているもの。デラックス エディションを所持していないユーザーも、追加コンテンツパックを別途購入することで利用可能だ。価格は、1650円。

※一部のオンライン機能にアクセスするには、オンラインアカウント(対象:13歳以上)が必要です。詳しくは https://www.take2games.com/legal/jahttps://www.take2games.com/privacy/jaをご覧ください。本作は18才以上のみ対象です。

【ゲーム情報】

タイトル:クアリー ~悪夢のサマーキャンプ
ジャンル:ホラー
販売:2K/Supermassive Games
プラットフォーム:PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)
※Xbox Series X|SとXbox One、PC(Steam)版はダウンロード版のみ。
発売日:発売中(2022年6月10日)
価格:
 PS5:8800円(パッケージ版/ダウンロード版)
 PS4:7700円(パッケージ版/ダウンロード版)
 XSX|S:8800円(ダウンロード版)
 Xbox One:7700円(ダウンロード版)
 Steam通常版:7700円(ダウロード版)
 PS5/PS4/XS|S/Xbox One/Steamデラックス エディション:8800円(ダウロード版)
CERO:Z(18才以上のみ対象)

【追加コンテンツパック】

タイトル:クアリー ~悪夢のサマーキャンプ デラックスボーナスコンテンツパック
価格:1650円

※オンラインマルチプレイは、2022年7月8日のアップデートまでに実装される予定です。マルチプレイは同世代機のPlayStationまたはXbox間でのみお楽しみいただけます。
※PlayStationまたはXbox対応のデラックス エディションをご購入いただくと、現世代機と次世代機の両方でプレイが可能です。別世代機間でのセーブデータの進捗は共有されません。マルチプレイはXbox およびPlayStationの同世代機間でのみお楽しみいただけます。現世代機と次世代機版のいずれも、ご購入時と同じXboxネットワークアカウントまたはPlayStation Networkアカウントでのみご利用可能です。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう