このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第50回

Windows 11更新パッチ「今日が何の日」を表示する「検索のハイライト」追加

2022年07月08日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スタートボタンを押すと、入力フォームに今日の日が表示されるようになった

 6月23日にWindows 11の更新パッチ「KB5014668」がリリースされた。今回の更新パッチで注目すべきは、「Search Highlights」(検索のハイライト)機能だ。Windows 11のスタートメニューや検索パネルに今日が何の日か表示され、その日に関するクイズや地図へのリンクが表示されるようになった。

検索パネルには今日の日についての情報と各種リンクが表示される

 画面キャプチャーを撮った7月3日は「波の日」とのこと。スタート画面の上部にある検索フォームに薄いグレーで表示され、その右側には海のイラストが表示されている。そのフォームをクリックすると検索パネルに切り替わり、画像と共に「今日は波の日」と表示される。

今日の日について学べる

 「今日は波の日」をクリックすると、「今日のBing」という検索結果が表示され、波の日の説明と画像が撮影された場所の情報が表示された。「地図で表示する」をクリックすると、その場所がBingマップで表示される。

画像の舞台となった場所を地図で確認できる

 「クイズに答える」をクリックすると、画像の場所に関するクイズが3問出る。今回は画像の撮影場所である七里ヶ浜にちなんだ問題が出題されていた。

今日の日にちなんだクイズも楽しめる

 ほかにも「今日は何の日」というリンクがあり、こちらはオオウミガラスが1844年に絶滅した日とのこと。単なる記念日だけでなく、昔その日にあった出来事を教えてくれるのも面白い。朝のメールチェックついでに、今日の日について2つ覚えておけば、その日の雑談のネタになるかもしれない。

過去のその日に起きた出来事や名言もチェックできる

 「今日の言葉」という項目もあり、7月3日は織田信長の名言「必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ」だった。こちらは特に、日付との絡みはなく、ランダムに表示されるようだ。

企業ユーザーの場合は、Office 365の情報が表示される

 なお、企業や組織ユーザーがAzure ADでOffice 365にログインしている場合、「Search Highlights」にはMicrosoft 365のユーザーやコンテンツが表示されるようになる。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン