このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第25回

Windows 11の再設計されたメモ帳はダークモードとマルチレベルアンドゥに対応!

2022年01月07日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リニューアルした「メモ帳」アプリ

 Windows 11のプレビュービルドを利用できるWindows Insider Programに展開している「メモ帳」アプリがリニューアルされている。マイクロソフトのブログによると、新たにメモ帳を再設計したとのこと。ウィンドウの角が丸くなり、UIがブラッシュアップされている。

 従来のメニューから「書式」と「ヘルプ」がなくなり、すっきりしている。「ファイル」メニューの中身は同じで、「書式」メニューの「右端で折り返し」は「編集」メニューへ、「フォント」は「表示メニュー」に移動した。

 「ヘルプ」メニューの内容は右上の歯車アイコンをクリックして開く「設定」に移動。ここでは、「フォント」の設定に加え、「アプリのテーマ」も選択できるようになっている。Windows 11のシステム設定を利用する他、白を基調とした「ライト」モードや黒を基調とした「ダーク」モードを切り替えられる。

「設定」画面でダークモードに切り替えられる

ダークモードに変わった

 要望の多かったマルチレベルのアンドゥに対応したのも特徴。メモ帳は簡単に起動できて軽快に動作するので、ちょっとしたメモ書きに最適なのだが、1回しか取り消せないのがネックだった。今回の改良で、複数回のアンドゥに対応したので、任意の状態まで巻き戻すことができ便利だ。

文章の入力中にやり直したくなったら、「Ctrl+Z」を押す

最後に入力した行が消えた。アンドゥできたが、さらに「Ctrl+Z」を押してみる

複数回のアンドゥができ、初期状態まで戻った

 検索と置換の機能も改善された。機能は同じだが、Windows 11のUIっぽくブラッシュアップされている。従来のような無骨なダイアログではなく、画面上部に丸みを帯びたツールバーとして表示されている。ゲージのようなアイコンをクリックするとオプション項目が現れる。表示される項目数は絞られているが、迷わず利用できるようになっている。

検索画面。画面上部にすっきりしたUIでまとまっている

置換の画面も同じくリニューアルされた

 現時点では、異なる入力言語間の切り替え時や日本語IMEでのキーボードアクセスキーに不具合があったり、特定の状況下でShiftキーを押してテキストを選択する際の挙動に問題があるとのこと。また、巨大なファイルを開くときにパフォーマンスが落ちることがあるという。もちろん、これらの問題は対処中で、正式版に導入されるまでには解消されているはずだ。早期のリリースを期待したい。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン