このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第24回

Windows 11でのコントロールパネルの開き方あれこれ 全項目表示のゴッドモードも使える!

2021年12月24日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Windowsツール」の中に「コントロールパネル」がある

 従来のWindowsで設定の要だったコントロールパネルは、「設定」に移行してきた。とは言え、コントロールパネルでしか設定できない項目もあり、Windows 10では「すべてのアプリ」→「Windowsシステムツール」の中に「コントロールパネル」があった。しかし、Windows 11では見当たらない。とうとう、コントロールパネルを削除できたのだろうか?

 残念ながら、Windows 11でもコントロールが残っている。スタートメニューの検索フォームに「コントロールパネル」と入力すればアプリが見つかるはずだ。

Windows 11では「Windowsツール」の中にコントロールパネルがある

 実は、スタートメニューの「Windowsツール」を開くと、その中に「コントロールパネル」のショートカットが入っている。このアイコンをダブルクリックしても、コントロールパネルが開く。

コントロールパネルを開けた

 コントロールパネルの本体は「デスクトップ」に置いてある。エクスプローラーを開き、アドレス欄の左にある「↑」アイコンをクリックするとデスクトップが開き、「コントロールパネル」アイコンも表示される。

エクスプローラーの「↑」をクリックする

デスクトップにコントロールパネルがある

 キーボードで操作するのが好みなら、「Win」+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、「control」と入力して「OK」をクリックするとコントロールパネルが表示される。

「ファイル名を指定して実行」で「control」と入力してもコントロールパネルを開ける

 Windows 11では、ほとんどの項目について「設定」で設定できる。そのため、コントロールパネルの分類がよくわからず、どこで設定していいのか分からないこともある。そんな時にオススメしたいのがゴッドモード。コントロールパネルの全項目を一覧表示するフォルダーを作成するWindowsの裏技だ。

 まずは、どこでもいいので新しいフォルダーを作成する。右クリックメニューから「その他のオプションを表示」をクリックし、続けて「名前の変更」をクリックする。

新しいフォルダを作成し、フォルダ名に「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」と入力する

 ゴッドモードのフォルダ名は「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」となる。「GodMode」部分は、自由に付けていい。すると、フォルダアイコンが変わるが、Windows 11ではファイル名が表示されなくなる。アイコンがコントロールパネルなので迷うことはないだろうが、この不具合は解消して欲しいところだ。

アイコンがコントロールパネルのデザインに変わる

 ゴッドモードフォルダを開くと、コントロールパネルの全設定項目が表示される。筆者の環境では200項目あり、一覧性が高いので目当ての機能を探しやすい。デスクトップなどに置いておくと便利だ。

開くと、コントロールパネルの項目が一覧表示される

電源プランの選択画面も一発で開けるのが便利

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン