前へ 1 2 次へ

光がリング状に浮かび上がるのが美しい

ついに登場したRazerのPCパーツ「Kunai Chroma RGB」 = フルカラーLED搭載のファン2種類とコントローラーを試す!

文●宮里圭介 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Razer Synapse 3」でライトアップをカスタマイズ
もちろんキーボードやマウスもアンサンブル可能

 PCが組み上がれば、いよいよライトアップのカスタマイズだ。今回の組み合わせは、ケース、マザーボード、Kunai Chroma がRazer Chroma RGBに対応しているデバイスとなる。

 このコントロールに使うツールが、「Razer Synapse 3」。PCの電源を入れると自動で認識され、インストールが促されるので、その指示に従ってインストールすればOKだ。

まだインストールされていない場合、Razer Synapse 3のインストールが促される。デフォルトのままインストールしよう

 無事にインストールが終われば、Razer Synapse 3が起動できる状態となる。これを動かくと、ダッシュボードに対応デバイスが一覧表示されるはずだ。

Kunai Chromaはファンとなるため直接は見つからないが、これを接続しているアドレサブルRGBコントローラー、PWMファンコントローラーはしっかりと認識されている

 設定したいデバイスをクリックすれば、スグにカスタマイズが可能となる。例えばアドレサブルRGBコントローラーをクリックすると、接続されているデバイスの確認、そしてライトアップ設定が可能となる。

こちらは、アドレサブルRGBコントローラーに接続されたKunai Chromaの設定例。明るさの設定、ライトアップのパターンなどの設定が可能だ

 明るさはファン個別に設定できるほか、まとめて全部を一括変更できるというのが便利。効果は「クイック効果」と「高度な効果」の2パターンあるが、まずはクイック効果でちゃんと光るのか、設定が反映されるかの確認をするといいだろう。

 高度な効果は、LED1つ1つを個別に設定したり、他のデバイスとまとめて設定したい場合に便利な機能だ。この高度な効果は「CHROMA STUDIO」という設定から変更できる。

最上段のメニューにある「STUDIO」を選ぶと、カスタマイズ可能。認識されているデバイスすべてが表示され、一括設定できる。効果と色を組み合わせ、自分好みにカスタマイズしよう

 ちなみに、ライトアップだけでなくファンコントロール設定もRazer Synapse 3から可能。デバイスでPWMファンコントローラーを選んでやればカスタマイズ画面となる。

接続されているファンの場所、回転数などが表示される。変更したいファン番号とモードを選べば、回転数を自在に変更できる

 ファンは個別にモードを変更できるほか、リンク機能を使えば、すべてのファンを一括変更できるというのが便利だ。

ゲーミングデバイス全体でライトアップ機能をコントロール!

 性能に影響がないため、ゲーミングPCのライトアップは完全に趣味の領域だ。それだけに、単純にライトアップパーツを詰め込み、光らせただけでは面白くない。どう光らせるのか、なにを表現したいのかまで考えるからこそ、楽しめるというものではないだろうか。

 そんな凝ったライトアップの手助けとなるのが、Razer Chroma RGB。これに対応したファンを始めとするPCパーツ、そして周辺機器まで揃え、PC周りを統一感ある見た目にできれば、雰囲気がからりと変わるのは間違いない。

 なんとなく光らせているという状態から一歩踏み出し、光らせること自体が楽しくなってくるのが、Razer Chroma RGBのいいところ。今までのライトアップでは不満がある、もしくは、コレジャナイ感がぬぐえないのであれば、ぜひ試してみて欲しい。きっと満足できるはずだ。

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月