このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第128回

月額1100円で動画以外使い放題 ドコモとトーンモバイルのねらいは子どもをもつ親

2021年12月20日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、ドコモショップ店頭でMVNOの契約を扱う新サービス「エコノミーMVNO」に、12月22日からフリービットによる「TONE for iPhone」を追加した。

 携帯電話番号(090/080/070)とIP電話番号(050)、動画以外のデータ使い放題がセットで月額1100円となる。

 フリービットは2013年にNTTドコモ回線を使うMVNOとしてサービス提供を開始。2015年にはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と業務資本提携し、トーンモバイルとしてサービスを提供していた。

 トーンモバイルは早い段階から塾に通い始める子どもから高校生ぐらいまでの「はじめてスマートフォンを持つ層」をターゲットに商品を展開してきた。

 NTTドコモは20GB程度のデータ容量を必要とする人に対してはオンライン専用プラン「ahamo」を提供する一方で、データ容量をほとんど必要としないユーザーにはMVNOとタッグを組んだ「エコノミーMVNO」という枠組みでサービスを提供しようとしている。

 来年からNTTドコモ傘下になるNTTコミュニケーションズが手がけていた「OCN モバイル ONE」は500MBで月額550円というプランをすでに提供済み。12月22日にはエコノミーMVNOの2社目としてフリービットが加わる格好だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン