このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第162回

「ムーアの法則」救う知られざる企業/欧州で新型コロナ感染爆発のなぜ?

2021年11月22日 12時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ムーアの法則」救う 世界唯一のEUV装置企業 ASMLの苦難と挑戦

誰もが「ムーアの法則」の行き詰まりを感じていた中で、オランダの企業ASMLは90億ドルと17年をかけて、不可能と見られていた極紫外線によるリソグラフィー装置を完成させ、チップのさらなる高密度化への道を開いた。

≫ 続きはこちら

欧州で新型コロナの感染が爆発的に拡大、今なぜ?

欧州での新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。現在、世界全体の感染者数の半分以上を欧州が占めており、2020年4月以降で最大の割合となっている。いったい、何が起こっているのだろうか。

≫ 続きはこちら

トヨタの野心的な未来都市は「幸せの量産」を体現できるか

2020年にラスベガスで開催されたCESで、トヨタ自動車の豊田章男社長自ら発表した実証都市「ウーブン・シティ」構想。世界的自動車メーカーがなぜ、街づくりに乗り出すのか? ヴェールに包まれた同プロジェクトの現状を整理する。

≫ 続きはこちら

森川博之教授: 「草の根」から始まる新しいスマートシティ論

スマートシティといえば、「最新テクノロジーを積極的に取り入れて、人々の生活をより豊かなものにする」といったイメージが強い。しかし、東京大学の森川博之教授は「その発想は変えたほうがいい」と警鐘を鳴らす。第一人者が語るスマートシティの現状、問題点、そして未来とは。

≫ 続きはこちら

インフォシーク創業者が反ワクチン陰謀論の「英雄」になるまで

テック界の億万長者であるスティーブ・キルシュは、新型コロナに効き目のありそうな既存薬の治験に資金を提供していたが、エビデンスのない薬にのめりこみ、反ワクチン活動を展開した挙句、自身が任命した科学諮問委員会から見限られ、CEO職も辞することになった。

≫ 続きはこちら

原 研哉インタビュー「世界は遊動の時代へ」

原研哉。日本を代表するデザイナーの1人であり、国内外を問わずさまざまなジャンル、規模のプロジェクトに参画している。一方で、デザイナーという立場から、企業だけでなく社会全体に目を向け課題解決の提案をし続ける。コロナ禍を経験した世界、そして日本におけるこれからの社会について、原氏の考える3つのキーワードを軸に話を伺った。

≫ 続きはこちら

新材料探索のプロセスを AIとロボットで再構築する 化学者のあくなき探求

トロント大学の化学者であるアスプル・グージック教授は、これまでは20年かかったような新材料探索のプロセスを、AIやロボットを組み合わせて自動化することで、数年あるいは数カ月にまで短縮しようとしている。

≫ 続きはこちら

コンピューティングは どこに向かうのか? 米国史から考える未来

コンピューティングが今後、どこに向かうのかを予測するには、テクノロジーの歴史を振り返るのが役に立つかもしれない。テクノロジーの進歩には常に人間が関与しており、コンピューティングの歴史は米国史のミニチュア版なのだ。

≫ 続きはこちら

MITテクノロジーレビューVol.5 Cities Issue

MITテクノロジーレビューは、マガジン『MITテクノロジーレビュー[日本版]Vol.5』を11/15に発売しました。アマゾンをはじめ、各書店で購入可能です。ぜひお手に取ってご覧ください。

また、有料会員登録で、過去のマガジン含めすべてPDFで閲覧可能です。

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ