日本でも発売間近だと思います

速報&実機レビュー!! 超クールデザインの電動マスク「Razer Zephyr」ついに発売開始!!

文●みやのプロ(@E_Minazou) 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 年初のCES2021で「Project Hazel」として公開され、コミュニティーを形成し、ベータテストを繰り返していた、電動マスク「Razer Zephyr」が、10月21日に米国で開幕したRazer Con 2021にて、正式に発売となった。

 製品としては「Wearable Air Purifier」つまり、身に着ける空気清浄機で、フィルターと電動ファンによって浄化した空気を呼吸する装置である。

 透明のシールドと、シリコンを使ったフェイス・シール、電動ファンと高機能フィルターで構成される製品で、Razerらしく、イルミネーションも鮮やかだ。

ボディは透明プラスティックとシリコン
電動ファンで強制吸排気する

 Zephyr(ゼファー)の本体は、硬質の透明なプラスティックで、内側の顔に当たる部分には柔らかく、変形可能なシリコンのパッドが付く。ボディの後部にはループになった伸縮ゴムバンドと、こちらもシリコンのパッドがあり、頭部の後ろで固定するカタチだ。

 空気は「N95フィルター」を通して、電動ファンが吸引して、マスク内に取り入れる。フィルターの性能は「99%BFE」で、BFE(Bacterial Filtration Efficiency)=バクテリアろ過効率の略で、3μの細菌を含む粒子の除去率だ。それが99%通り抜けないということになる。

 排気は口元の下部からで、ここにもN95フィルターが入っていて、自分からも外部にバクテリアや細菌を出さない仕組みだ。フィルターは3日間使用できる性能で、別売で30日分(10セット)が約30ドル(約3300円)だから、1日当たり110円となる。

 ファンはもちろんOFFにできるが、回転数は4200RPMと6200RPMの切り替え式で、本体にあるスイッチや、スマホアプリで変更できる。イルミネーションはおなじみRazer Chromaによるもので、左右のファンの周りと、内側に設置されている。

 もちろん、スマホアプリで色と変化の仕方は変更可能で、好きな色で点灯したままにするとか、徐々に色が変わる等にするなど設定ができる。

これが製品の中身で、本体は黒い袋に入っている。曇り止めスプレー、フィルター3セット、充電ケーブル、取説が同梱

正面の透明プラスチック部分はツルツルのピカピカ仕上げ。

上部からの図、手前がシリコンのパッドだ

下部からの図、中央にあるのが排気口である

全幅は約180ミリ

全高は約110ミリ

空気の流れはこうなっている

フィルター装着はマグネット式
満充電で8時間駆動

 使い方としては、まず、ファン2カ所と口の下の部分の給排気口のカバーを外す。マグネット式なので、外すだけだ。そこにN95フィルターをハメて、カバーをパチンとつければOK。

 充電は、本体下部にあるタイプCのコネクターからで、ACアダプターは付属しないが、タイプA-Cのケーブルは付属するので、それを繋げばいい。充電を始めると、内側のLEDが赤く点灯し、それが緑になったら満充電である。マニュアルでは最高で3時間で充電が終わるとある。

 向かって左のファンの下部に唯一のスイッチがあり、2秒間押すと起動し、ファンが回転する。電源OFFも長押しで、クリックではファンの回転数が切り替わる。バッテリー駆動時間は最高8時間となっており、ファンの回転数で変わるようだ。

 スマホ(AndroidまたはiPhone)の専用アプリがあるので、インストールし、Bluetoothでコネクトすると、スマホからもコントロールできるようになる。バッテリー残量も%で表示されるし、前述のようにライティングを自分好みにできるので、共用したいアプリである。

フィルター装着部分のフタをすべて外したところ

フィルターは黒い面を外側にセットする

内蔵するファンの直径は約35ミリ

シリコンのパッドは簡単に取り外すことができるので、洗ったり拭いたりしやすい

下部にあるタイプCの充電用コネクター、PCと繋いでもSynapseは起動しない

唯一のスイッチは向かって左のファンの下側にある

スマホに専用アプリをインストールして、Bluetoothで接続すると、バッテリーの残量がわかるほか、風力や、イルミネーションの設定ができる

 短時間だが、実機を試用した。まず装着感がいい。シリコンパッドが適度に柔らかく、顔面にやさしくフィットしてくれる。重量は実測204グラムで、おじさんの場合は顔がデカいので、本体の左右部分がほっぺたに当たるが、平面なのであまり気にはならなかった。

 ファンが強制的に吸気してくれるので息苦しさはなく、吸気・排気ともに抵抗なくできるのはさすがだ。逆に、ファンを止めると抵抗感があるので、きちんと気密に作られているのが良くわかる。

 正面がクリアになっているのは、欧米での「マウス・コミュニケーション」のためと思われる(感情表現とかですね)。声はちょっとくぐもるが、大声を出す必要はない。

 おじさんとしては、マイクとスピーカーを内蔵して拡声してくれるとか、ダースベーダーの声になるとか、Razer的(?)な遊び心も欲しかったところだ。

 価格は、本体とフィルター3セット(9日ぶん)で99.99ドル(約1万1000円)、フィルターパック(10セット30日ぶん)で29.99ドル(約3300円)、本体とフィルターパック3個を組み合わせたスターターパック(99日ぶん)は149.99ドル(約1万6500円)で、10月21日より米国Razer.comにて発売となった。

 外箱にも、マニュアルにも日本語の説明があるので、きっと日本でも発売になるに違いない。期待大なのだ。

こちらが、交換用フィルターが30日分(10セット)入ったパック

外箱裏側(右側の説明部分)と取説には日本語の説明も入っている

 

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月