このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第654回

タッチ時代にスタイリッシュで楽しい「タッチで起動!NFCタグ」を衝動買い

2021年10月14日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

交通系カードとキャッシュレス世界の広がりで、スマホの多くはNFC対応になってNFCタグの個人活用も楽しくなってきた

 20年前にデビューしたSuicaを皮切りに、NFC(Near Field Communication)タグはゆっくりだが大きく進化成長した。街のコンビニに、タッチ決済系POS端末が普及すると同時に腕時計型のEdyも登場した。

 その後、おサイフケータイ対応の腕時計ブレスレットのwenaが登場し、つい先日はNFC内蔵でVISAのタッチ決済対応のEVERINGも登場した。また世界中で多くのIoT系企業の参入の多い遺失物防止タグの市場拡大も、NFC普及の大きな礎となった。

2013年の週刊アスキーの付録がNFCタグで遊ぶきっかけになった

 筆者が2013年に発売された週刊アスキー誌のオマケの「プログラマブルNFCディスク」と名付けられたキーホルダ型のNFCタグを入手し興味を持ち、XperiaブランドのNFCタグも海外から入手、翌年には今回も再紹介するサンワサプライの「タッチで起動!NFCタグ」を当コラムでご紹介した。

 2013年〜14年頃と現在とのNFCを取り巻く環境の最大の違いは、NFCそのものの形状バリエーションの増加に加えて、圧倒的な違いはNFCタグを読み書きできるスマートフォンの急激な増加だ。

 今回は、書き込みアプリとして「タッチで起動!NFCタグ」やそのオリジナルアプリである「タグマティック」や「NFC Tolls」などのNFCアプリやラベルプリンタも併用していろいろ遊んでみた。

NFCタグで個人が遊ぶワンストップオールインワンパッケージの草分け

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン