このページの本文へ

新色ピンクにさらなる強力カメラ! iPhone 13、ASCII徹底大特集 第57回

これはもう「Apple Watch Max」だ! Series 7の大画面に漂う浪漫

2021年10月13日 22時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ディスプレイのエッジに時字が透けて見える新しい文字盤「輪郭」

Series 7専用文字盤の「輪郭」「モジュラーデュオ」

 Series 7専用の新しい文字盤は、「輪郭」と「モジュラーデュオ」の2種類。エッジの限界に時字が並ぶ「輪郭」の文字盤は、「Reflective Edge」と呼ばれる縁を光で屈折させてクリスタルガラスの優雅な曲線を強調するSeries 7の風防のデザインとベストマッチする。スタイルは時字のマーカーが、ゴシック体の「レギュラー」と丸文字の「ラウンド」から選べる。デザインコンシャスな文字盤なので、追加できるコンプリケーションの数は2件と控えめだ。

縦に2つのセンターコンプリケーションを並べて配置できる「モジュラーデュオ」

 もうひとつの「モジュラーデュオ」はSeries 7の大型スクリーンを活かして、上下にセンターコンプリケーションを並べて配置できるダイナミックで、かつ実用的な文字盤だ。アクティビティのグラフ付きコンプリケーションを置いて、その下にミュージックアプリで再生中のタイトルを表示するコンプリケーションを並べたらスポーツシーンによくフィットした。他にも時刻表示の隣にスモールコンプリケーションを1件レイアウトできる。

左がSeries 6、右がSeries 7。スクリーンが大きくなったことで、数値やコンプリケーションのアイコンがわずかながら大きく表示され見やすくなった

 新しい文字盤も魅力的だが、筆者は引き続き8つのコンプリケーションが配置できる情報量豊富な「インフォグラフ」をメインにしてしまうだろう。Series 7ではインフォグラフの文字盤が使いやすくなった。アイコンや文字、目盛りの表示がSeries 6よりも大きくなっているからだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ