• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

家庭用ゲーム&スマートフォン向けゲームが制作中

エイベックスが「マブラヴ」シリーズのTVアニメとゲームの最新作をグローバル展開すると発表!

2021年10月07日 14時00分更新

文● ASCII

 エイベックスは10月6日、「マブラヴ」シリーズのTVアニメとゲームの最新作を同時にグローバル展開すると発表。

 2021年10月6日深夜より放送・配信を開始するテレビアニメ「マブラヴ オルタネイティヴ」を皮切りに、2021年10月にPC向けバトルアクションゲーム『Project MIKHAIL(プロジェクト ミハイル)』の早期アクセス版、年末にスマートフォン向けアクションRPGゲーム『Project Immortal[プロジェクト イモータル](仮)』(※1)のリリースなどを予定している。

 なお、今回の「マブラヴ」は、エイベックス・グループ初となるアニメ制作とゲーム開発の完全内製化を実現した作品になるという。

以下、リリースを引用

 「マブラヴ」シリーズは、2003年に登場し国内外問わず高い評価を受けているゲーム発のコンテンツIP(※2)です。シリーズの中でもとくに人気の高い2006年発売の『マブラヴ オルタネイティヴ』は、地球外起源種の敵「BETA」と人類の戦いを描くSFロボットアクションで、海外レビューサイトの評価で6年連続1位を獲得しています(※3)。

 当社は、2014年のエイベックス・ピクチャーズ設立以降、アニメ・ゲーム事業におけるグループ間シナジーの強化に取り組んできました。今回、エイベックス・ピクチャーズ、FLAGSHIP LINE、aNCHOR、fuzzといったエイベックス・グループ各社の総力を結集し、当社初のアニメ制作とゲーム開発の完全内製化を実現。マブラヴシリーズのテレビアニメとゲームの最新作を、同時にグローバル展開していきます。

 aNCHORが原作を保有し、2006年のゲーム発売から15年ぶりにファン待望のTVアニメ化される『マブラヴ オルタネイティヴ』においては、企画をエイベックス・ピクチャーズ、FLAGSHIP LINE(グラフィニカとの合弁会社)が制作を行ない、グラフィニカのデジタルアニメーション技術とアニメーションスタジオのゆめ太カンパニー(グラフィニカ子会社)の作画クオリティを最大限に活用して迫力のある映像をお届けします。

 ゲーム『Project MIKHAIL』は、aNCHORがパブリッシャー(企画・制作・販売)、fuzzが開発を担当。『Project Immortal(仮)』は、aNCHORがパブリッシャーと開発を担います。

 また、TVアニメ「マブラヴ オルタネイティヴ」はフジテレビ「+Ultra」にて放送。製作委員会には米国発のアニメを中心とした映像配信プラットフォームであるクランチロールが参画し、200以上の国や地域に向けてアニメを同時配信します。グッズの商品化、ゲーム展開などでも連携し、全世界展開していきます。

 当社は、「Entertainment×Tech×Global」を戦略テーマに掲げ、新たな時代を勝ち抜く「強いコンテンツIPの創造」を推進しています。今後も、グローバル基準のコンテンツIPの開発・育成に取り組み、世界に届けることを目指します。

※1:『Project Immortal(仮)』は、リリース時には日本語のみ対応で国内に展開します。
※2:IPとは、“Intellectual Properties”の略で、知的財産のことを指します。エンタテインメント分野では、アーティスト、タレント、楽曲、アニメ・映像作品、キャラクター、ゲームなどがIPと呼ばれています。
※3:海外レビューサイト「Visual Novel Database」の評価で、約3万タイトルの中で6年連続1位を獲得しています。

【エイベックス・ピクチャーズ 代表取締役社長 勝股英夫氏 コメント】

 マブラヴ新シリーズは、アニメ・ゲーム領域でここ数年進めて参りました上流域の権利開発と内製化が最も具現化したプロジェクトになりました。

 現場の足音が聞こえる体制のもと、結集しているクリエイターたちの力には目を見張るものがあります。満を持して皆様に作品が届けられることになりました。ご期待ください。

【マブラヴシリーズについて】

 ゲームブランドâge(アージュ)の4作目として2003年に登場したPC向けゲーム。2006年には、続編となる『マブラヴ オルタネイティヴ』が発売。『マブラヴ オルタネイティヴ』は、地球外起源種の敵「BETA」と人類の戦いを描くSFロボットアクションで、魅力的なキャラクターと対「BETA」用兵器「戦術歩行戦闘機(戦術機)」のメカニカルデザイン、そして衝撃的かつ緻密に計算されたストーリー展開が話題となりました。

 国内外問わず非常に高い評価を得ており、シリーズ累計80万本を販売。ゲームが原作のコミックでは、累計120万部の販売数を記録。戦術機プラモデル、フィギュアなどは累計80万体を販売。

 エイベックス・ピクチャーズが、2012年にシリーズのスピンオフとなる「トータル・イクリプス」、2016年に「シュヴァルツェス マーケン」を展開。「マブラヴ オルタネイティヴ」は、2006年のゲーム発売から15年ぶりに、ファン待望のテレビアニメ化が2021年10月に実現。

マブラヴ ポータルサイトhttps://muvluv.com/

【TVアニメ「マブラヴ オルタネイティヴ」放送・配信について】

■放送

 2021年10月6日25時25分からフジテレビ「+Ultra」にて放送開始。ほか各局でも放送。毎週水曜24時55分最新話放送。

放送局:フジテレビ・関西テレビ・東海テレビ・テレビ西日本・北海道文化放送・BSフジ

※地域により、初回の放送時間は変更になります。

■配信

国内
 FODにて独占配信。
 2021年10月6日25時25分配信開始。
 毎週水曜24時55分最新話配信。

 FOD・TVer・GYAO!にて、毎週1週間限定無料見逃し配信。
 2021年10月6日25時55分配信開始。
 毎週水曜25時25分最新話配信。
※配信時間は変更になる可能性がございます。

海外
 クランチロールにて、2021年10月6日
  ※現地時間よりサイマル配信。クランチロールは、世界200以上の国や地域で、アニメやマンガを含む360 度全方位からのコンテンツ体験を提供している映像配信プラットフォームです。

公式サイトhttps://muv-luv-alternative-anime.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/Muv_Luv_A_anime

最新PV

【PC向けバトルアクションゲーム『Project MIKHAIL』について】

 「マブラヴ」に登場する「戦術機」を操り戦うバトルアクションゲーム。「BETA」との戦いを全プレイヤーで行ない、地球を救うことを目指す「フロンティアモード」や、ほかのプレイヤーと戦術機同士で戦う「対戦モード」で「マブラヴ」の世界を体感できます。

 2021年10月に、PC(Steam)での早期アクセス版をリリースし、正式版の配信までに段階的なアップデートの実施を予定しています。

対応言語:日本語、英語
展開地域:全世界
公式サイトhttps://www.project-mikhail.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/Project_MIKHAIL
Steamストアページhttps://store.steampowered.com/app/1557480/Project_MIKHAIL/

【スマートフォン向けアクションRPGゲーム『Project Immortal(仮)』について】

 「マブラヴ」の世界観を基に、「戦術機」を操作し「BETA」と戦う見下ろし型ハック&スラッシュのアクションRPG。過去の「マブラヴ」シリーズで登場したキャラクター・戦術機が多数登場予定。スマートフォン(Android・iOS)にて、年末のリリースを目指し開発中。

【ゲーム情報】

タイトル:Project MIKHAIL
ジャンル:戦術機バトルアクションゲーム
販売:aNCHOR
プラットフォーム:PC(Steam)/Nintendo Switch
発売日:
 PC(Steam):2021年10月(早期アクセス版)
 Nintendo Switch:未定
価格:未定

 

タイトル:Project Immortal(仮)
ジャンル:アクションRPG
プラットフォーム:Android/iOS
配信日:年末予定
価格:未定

 
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう