このページの本文へ

エイベックス、オンラインライブ配信サービス「Z-aN」のライブチケット販売においてNFT機能を導入

2021年08月06日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エイベックス・テクノロジーズは8月6日、同社のオンラインライブ配信サービス「Z-aN(ザン)」で開催するライブのチケット販売においてNFT(非代替トークン)機能を導入すると発表した。

 NFTとはブロックチェーン技術を活用して、一般的には複製が容易とされるデジタルコンテンツの所有を証明することで商品的価値を生み出すこと。

 同社ではライブ参加者の満足度向上を目指し、公演ごとにデザインの異なるNFT化されたデジタルフォト付きのチケットを販売。

 同機能の導入の第1弾として、9月18日~20日に開催するバーチャルアイドルオンラインライブフェス「Life Like a Live!2」において、NFT化されたデジタルフォト付きのチケットを販売する。

 なお、デジタルフォトはライブ参加の証明となりZ-aN内で閲覧可能となる。

 今後、Z-aNではNFT機能を導入することで「得る、買う、使う、遊ぶ、売る、繋がる」という体験を実現し、ファンと一緒にアーティストやライブを盛り上げ、パソコンやスマホから参加したファンに最大限ライブを楽しんでもらうよう新しいオンライン配信の形を創っていくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン