このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第241回

iPhoneの電卓アプリで打ち間違えたときはフリックしよう

2021年10月04日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 関数計算などができるiPhoneの計算機アプリ(電卓)を活用している人も多いでしょう。ですが、打ち間違いは誰にでも起こりえます。そんなときは左右どちらかにフリックしてみてください。

 iPhone純正の計算機アプリで誤って入力しても、フリックを使えば右端の数字から削除されるので、覚えておくと便利です。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中