このページの本文へ

raytrek、宮崎県児湯郡高鍋町の町おこし企画「未来に残したい#たかなべスマホ動画コンテスト」を共催

2021年09月10日 17時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは9月10日、クリエイター向けPCブランド「raytrek(レイトレック)」にて、宮崎県児湯郡高鍋町の町おこし企画「未来に残したい#たかなべスマホ動画コンテスト」を高鍋町役場と共催すると発表した。

 コンテストのテーマは「10年後の自分に見せたい、高鍋町の“〇〇”が詰まった映像」。10年後に当時制作した映像を見て高鍋町の良さを再認識する、10年後に改めて高鍋町の思い出に浸るといった動画を募集します。高鍋町に居住者だけでなく町外居住者でも参加できる。

 raytrekでは、企画を共催するほか動画制作に最適な「raytrek R5-TA5 写真&動画編集向けモデル」を賞品として提供。

動画コンテスト概要
テーマ :「10年後の自分に見せたい、高鍋町の”〇〇”が詰まった映像」
応募資格:アマチュア/プロ不問(日本国内の居住者)
応募部門:
①「ノーカット部門」  (スマホのみ) 編集なしで制作、スマホで撮影した15秒以内動画
②「ショートカット部門」(スマホのみ) スマホで撮影・編集した1分以内の動画
③「フリースタイル部門」(スマホ・デジカメ両方可) 1分以上の動画。使用機材は不問
表彰  :2022年2月下旬に高鍋町にて表彰式を予定

raytrek R5-TA5 写真&動画編集向けモデル

 優秀賞の中から最優秀賞受賞者にraytrek賞として「raytrek R5-TA5 写真&動画編集向けモデル」を贈呈。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ