このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

CPUは第11世代のCore i5-11400H、sRGBカバー率99%と広色域ディスプレーも採用

写真・動画編集用のモバイルマシンに価格も性能もサイズもすごく丁度いい、GTX 1650搭載で11万円台の15.6型ノートPC「raytrek G5-TA」

2021年09月09日 14時00分更新

文● 周防克弥 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「raytrek G5-TA」

 サードウェーブが展開するクリエイター向けブランド「raytrek」シリーズから、インテル第11世代Coreの「Core i5-11400H」とNVIDIA「GeForce GTX 1650」を搭載する15.6型ノートパソコン「raytrek G5-TA」が登場した。

 ミドルレンジながらも十分な性能が見込めるCPUと、ゲーム業界ではエントリークラスではあるものの、写真や動画などの2D処理を中心にしたコンテンツ制作では十分な性能を持つGPUを搭載することで、極めて高い汎用性を持ったノートパソコンになっている。

 尖った性能ではないが、その分コストパフォーマンスは高く、これからクリエイティブ系の制作を目指す人や持ち運べるワークステーションを探している人にも魅力的な1台となっている。今回は試用機を借りることができたので、性能をチェックしてみよう。

raytrek G5-TAの主なスペック
CPU Core i5-11400H(最大4.5GHz)、6コア/12スレッド
グラフィックス GeForce GTX 1650
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD(NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、sRGBカバー率約99% (sRGB比約100%) / AdobeRGBカバー率約76% (AdobeRGB比約77%)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(2.5GbBASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.1
インターフェース USB 3.2 Gen2 Type-C(DisplayPort Alt Mode対応)、USB 3.2 Gen1×2、USB 2.0、HDMI 2.1、マイク入力、ヘッドフォン出力、有線LAN端子、SDカードリーダー
サイズ/重さ およそ幅360×奥行244×高さ20mm/約2.0kg
OS Windows 10 Home(64bit)

ディスプレーはsRGBカバー率99%と広色域
モバイルも視野に入る薄型軽量ボディー

 試用機のraytrek G5-TAの構成は、Core i5-11400H、GeForce GTX 1650のほか、メモリーはデュアルチャネル動作の16GB(8GB×2)、ストレージはPCIe3.0 x4接続の512GB SSDを搭載。基本的な作業では困ることはないような構成になっている。

 クリエイター向けをうたっているだけあって、15.6型ディスプレーはsRGBカバー率99%と色域も広く、表面はノングレア処理されており屋外での映り込みも少なく、状況を選ばずに作業を行なうことが可能だ。

ディスプレーはsRGBカバー率約99% (sRGB比約100%) / AdobeRGBカバー率約76% (AdobeRGB比約77%)に対応

 バッテリーはスペック上約5.9時間の駆動が可能なので、よほどの長時間でなければ十分に活用でき、またWi-Fi 6に対応した無線LANに、2.5Gb Ethernet対応の有線LANも備わっている。この基本構成での価格が11万9980円なのは、かなりお買い得感があるといえる。

 まずは外観をみていこう。本体デザインはシンプルで狭額縁と鋭角的なスリムノートだ。色は渋めのガンメタリックでキートップと液晶の縁は黒く処理されている。ディスクリートGPUを搭載する15.6型ノートとしてはかなり薄くなっていて持ち運ぶ場合にもバッグの隙間に収めやすい。

背面にはraytrekのロゴがあるだけのシンプルなデザイン

ベゼルは狭く左右が約6.5mm、上辺が約9mm。黒く処理されていることもあり画面への没入感は高い

 本体サイズは、およそ幅360×奥行き244×高さ20mmで、重量は約2.0Kg。筐体が薄いため、リュックなどを用意すればモバイルも視野に入るサイズ感だ。

フロント。下部に向かって鋭角的に削られていることもあり薄さが目立つ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ